先日行った飲み屋で

先日の、飲み会でのことです。
結論を先に述べると、本社に直接クレームを上げても良いのではないかという、対応の悪さでした。

まず、注文したものが、なかなか届かないのです。
正確に測っていたわけではないですけれど、一時間ぐらいしても、注文したものが届かなかったのです。
もちろん、あまりに遅いので、注文ミスかもしれないと確認もしましたし、催促もしました。
それでも、その後に届くのは直前……数分前に注文していたものぐらい。
飲み物と食べ物が一緒になければおかしいのに、飲み物がやっと来たかと思ったら食べ物が来ない、食べ物がやっと来たかと思ったら飲み物が全然来ないというありさま。

結局、店に入って、最初に注文した食べ物がやっと来たかと思ったら「ラストオーダーとなります」。
ちなみに、それまでに飲み物は、ひとり二杯飲めたかどうか(人によっては一杯しか注文できなかった)という程度。

それなりにお客の入りはありましたが、満席ではなかった、店内状況。
……どう考えても、おかしいです。

その上、初め七人で、途中合流が二人いるという計九人だったのですけれど、伝票は十人。
居酒屋に付きものの、頼んでいないのに値段に入っている『お通し』は、初めの七人分しか来ていないのに十人分。
「店長です」と自称する方は出てきましたが、何だかんだを言いつつも、すぐに「忙しいので」と言って退出。

急遽退職となった同僚の、送別会的な意味合いも含んでいただけに、非常に残念な飲み会でした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

前日が飲み会(予定)なので、念のために、予約投稿です

先日、久しぶりに中学時代の友人と二人で飲みに行ったので、本当は懐が心もとないのですよね。
それでも、時間給の仕事とはいえ、お付き合いは大事ですし、何よりも飲みに行くことは嫌いではないのです。

ただ、今回は参加率が悪いですし、そうでなくとも売り上げの問題で、会社から飲みの経費は一切でないようですね。
正社員の方(私学に通うお子さんを持っているのです)にたかるわけにはいかないですし、懐は寒くなる一方。

まあ、嫌ならば理由を付けて断ればいいことですから、結局、好きで行くわけですけれども。
ともかく、『飲ミニケーション』は大事なのです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

じわじわ来るようです

pixivに投下しているイラストで、長らく私の作品中で最も評価が高かったマグナギガが、めでたくメカゴジラに追い抜かれました。
とはいえ、どちらも『魔法少女まどか☆マギカ』をネタにしたイラストです。

基本、高評価を得た作品の大部分は『まどマギ』ですからね。

ちなみに、最もブックマークが多いのはアプサラスで、最も閲覧数が多いのはNEW電王
さらに、最も評価回数が多いのはまどかタイタスですから、軒並み、『まどマギ』ネタばかりです。

とはいえ、オリジナル作品でもそれなりに評価が高いものもありますし、仮面ライダーネタもそれなりの評価です。
でも、やはり絵の下手さはどうにもできないので、ネタ以外の理由で高評価であるものは少ないですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

※最近は最新話無料配信でカバーしています

とりあえず、今現在の『AGE』は、なんとか標準的なアニメレベルまで内容が煮詰まってきたところでしょうか。
やはりというか、体格がおかしな二人(老人と子供)がほとんど喋らなければ、内容は普通レベルです。

ラーガンと、ウルフさん、そして(ギリギリながらも)グルーデック艦長あたりの常識人がメインを張ってくれると、話の内容は安定します。
青髪の子供も、変に出しゃばらなければ、まあ、許容範囲ですし。

でも、それにしても、あまりに魅力に乏しい作品であることは事実。
本当、いっそのことガンプラの商品宣伝のつもりで作った方が、批判は続出するでしょうけれど、売りがあるというものです。

それに、作画崩壊を防ぐためもあって、ああいう画風にした面もあるというのに、それで作画崩壊している(シーンごとに頭身などがおかしい)ことだとか、結果的に絵に迫力も魅力もないということが致命的すぎます。
敷居やハードルを低めに設定すると、ほぼ確実に想定を下回るということは、どんな分野でも常識とされていることなのですけれどもね。

プロデュースの面で、何か、明らかに間違えている作品なのは、疑いようもないことです。

……とにかく、一月には主人公が変わるということなので、それを機に仕切り直しをしてくれれば、文句はないのですけれど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

何故か『ヤホー』のメールが……

登録しているはずでないと思っていたメールアドレス宛に、何故か『ヤホー』のお知らせメールが。
yahooメールは別にある以上、こちらに届くはずはないのですけれど……。

勘違いか、それとも、どこかで情報が漏れているのか。

情報が漏れているとしたら、一番あり得るのは、リクナビあたりでしょうね。
リクナビの登録では、たしかyahooのIDと、メインのメールアドレスの両方を使っていましたし。
大体、『リクナビ以外の会員登録をしていないはずだった』yahooメールには、大量のスパムが届いていたのが現状ですし。
(=スパムがあまりに大量に届くので、それ以降は、信頼性の低いサイトの会員登録にはyahooメールを使うようにしています)

まあ、最近、何かと購入している楽天からyahoo宛てに漏れたという可能性もあり得ますけれど、検証は難しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

この時期になってもまだ、そんな話が飛び出すご時世

リーマンショックから、まだ五年もしていないというのに、案外と金融商品の勧誘は減らないものです。
まあ、あるいは、ある程度ほとぼりが冷めれば、また話が出てくるというべきでしょうか。

FCブログの管理者ページ内にも、何だかその手の広告がちらついていますし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

私はキリスト教徒ではありません

もちろん、拝火教でもありません。
そんなわけで、クリスマスなどという行事は、特に私には関わりがないのです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

直球ストライクで、面白いと思えるもの

今期の初めから、『侵略!?イカ娘』を視聴しています。

一期の際は、気にはなっていたのですけれども、見ていなかったのですよね。
そのため、「原作も、一期も見ていないしなぁ」と思いつつ、スルーしそうになっていたのですけれども、ニコニコの一週間無料配信で視聴してみると、まさに好みの作品そのものでした。

基本、『らんま1/2』のような作品が(裸描写がなければ)、好きですからね。
そういう意味では、まさに、『イカ娘』は好みそのもの。

ニコニコ動画のコメントでは『オチがない』などと言われていますけれども、私としては、それほど気になりません。
このブログでもしばしば書いていますけれども、私は「物語にオチがなくてもいい」というスタンスですから。
もちろん、オチを付ける物語がダメだというわけではないですし、オチがなくてはつまらないという人の論理も理解はできています。

そう、秀逸な物語とは『オチにたどり着くまでの過程さえも楽しめる』ものです。
オチが弱くて物語が台無しになるということもありますけれど、それでも、オチにたどり着くまで楽しめていたことが事実であれば、オチが物語の本質ではないのですよ。

……と、まあ、結論のない話になりそうなので、ここら辺で打ち切ります。

けれど、確かに言えることは、『イカ娘』は面白いということです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

年末営業

今日から、時間給の勤め先が忙しくなってきます。

もっとも、それでも、正月は休めるのですけれどもね。
さすがに、誕生日まで仕事漬けというのは気が進みません。

マクドナルドでさえ、誕生日休暇は存在するわけですし、誕生日ぐらいはしっかり休みます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

奇妙な総合点

pixivのイラストで、何故か評価数が多いのに総合点が低いイラストがあります。
その上、キャプションでその旨を追記したら、さらに評価点1点を入れる人々が現われる始末。

まあ、ネタなので、別に良いのですけれどもね。

でも、低めの評価点を入れたのなら、コメントやタグでその理由を書き置きして欲しいのですよね。
角が経つと思っているのなら、なおのことです。
タグやコメントにするとユーザ名がばれるのが嫌なのでしょうけれども、無記名で酷評するというのも、考えようによっては余計に意地の悪いことですし。

少なくとも、私の場合、低い評価を入れた場合はフォローのコメントを残すようにしていますから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ついに、くたくたになってしまいました

キュゥべえのくたくたぬいぐるみを、ついに買ってしまいました。
詳細は、pixivの作業環境写真の通りです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

久遠未季17歳

どうやら、私は18歳未満……永遠の17歳らしいです。

それというのも、pixivの機能がマイナーチェンジされたことが要因。

どうやら、18歳未満のユーザが、R-18の作品を投稿する事が出来なくなったようです。
まあ、もしかしたらそれ以前からもそうだったかもしれませんけれど、イラスト投稿画面でロックがかかるようになっています。

そして18歳未満かどうかという判定は、生年月日から産出されるだけでなく、まずはR-18を非表示にしているかどうかで判定されるようですから……私も18歳未満です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ここ最近の苦行

本当に、『AGE』を見ることは、苦痛以外の何物でもありません。
そんなわけで、最近はリアルタイムで見ずに、精神的余裕がある時に見るだけにとどめています。

全く作品を見ずして批判するわけにはいかないですから、打ち切られる日が来るまで最終話まで頑張って視聴するつもりですけれど、そこまで精神力が持つかどうか分かりません。

まあ、それでも、無軌道に批判ばかりを言うのは無責任というものですよね。
改善案を提示するなり、ダメな個所を具体的に並べて、体型化して整理するなりすることこそがガンダム愛というものです。

とりあえず、物語もそろそろ次の時代に移行するだかしないだかいう話が出ていますから、それで改善されることを祈りましょう。
……でも、このままだと、何の物語の厚みもないまま、次の世代へと物語が進むということですよね。
本来ならば伏線を散りばめていくべきなのに、全然、そんなことがないという物語の運びは、プロットの段階で破綻しているのではないかという印象が強いです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

TSUTAYAの更新

私のTカードの更新期限が、すぐそこまで迫っています。
クレジット式のカードにできればよいのでしょうけれど、生憎と当方、カード審査は通らないはずです。

まあ、仮にクレジットカードを作ったとしても、カードという虚構は私の性分に馴染まないので、使う気はありませんけれどもね。
それでも、カードを持っていない人間が不利をこうむることが多い現代社会の構造は、どこか歪んでいると言えるわけです。

それというのも、明らかに、私のボス……大学時代の恩師の影響もありますね。
まあ、そうでなくとも、私の両親からして、ほとんどクレジットカードを使わないわけですから、そのためもあるでしょう。

世の中に流通しているお金の量は決まっているのですから、それを回して儲かるという論理は、必ず破綻しているわけです。
仮に破綻していないとしたら、それはどこかで誰かが損をしているということに他ならないわけです。
そう考えると、私もその損をしている人間のひとりなのだろうということは、実のところ深く考えるまでもないこと。
事実、クレジットカードがないことで、色々と損をしているわけで、そもそもカードを持てないのは収入がないからで……アレ?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

QBテロ

年賀状のイラストの発色具合を確かめるために、色々と配色を変えて分割印刷してみたところ、タイトルどおりの凄まじいことになりました。

なんというか、総勢16体のキュゥべえがA4用紙いっぱいに広がると、本当に鬱陶しく思えてきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

五割増しにするか、あるいは削るか

今現在、自作長編小説を改稿しています。
新人賞の新しい応募規定枚数に足りないので、少しエピソードを書き足したのですけれど、そうすると物語全体の流れが非常に悪くなってしまうのですよね。

違和感をなくすためには、そのあたりのつなぎの話を大幅に書き足すか、あるいはやっぱり、そのエピソードを削るかしかないのですけれど、そのあたりのバランスが難しいところです。

なんだか、冲方丁が『マルドゥック・スクランブル』を完全版にするにあたって、全ての文章を一から書き直した……ということが、実によく分かりますね。
やはり、作品はその時の勢いで書き連ねないと、絶対、どこかで流れの悪いところが生じてしまうものなのです。
組み換え可能なユニット構造というか、カプセル化というか……そんな感じに作られているならば、また違うのでしょうけれどもね。

……やっぱり、一ヶ月かけて、全文書き直した方が良い作品になるような気もしてきました。
でも、時間給の仕事が今は忙しい時期ですし、そうでなくとも集中力を保てるかどうかが心配です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

もう幾つ寝ると

誕生日まで、あと半月。
半月もすれば、四捨五入して三十歳になってしまいます。

でも、人生設計が上手くいっていないとなれば、どうしたものでしょうか。
そんなことを心にとどめながら、誕生日を迎えなければなりません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

二次創作的発想すらも浮かばないというのが、致命的

やはり、『ガンダムAGE』のタイタスがデビルガンダムに見える人は多いようですね。
実際、私も事前情報を得ていた段階でそれと思って、イラストにも仕上げましたし。

とはいえ、当作品はあまりの酷さゆえに、放映開始してからは一度もネタイラストを上げていません。
本当、二次創作する意欲さえもなくなってしまうほど、中身がない……というか、燃え上がるものがないのですよね。

AGEシステムだとかいうものに関しても、開き直って『ヤッターマン』のびっくりどっきりメカのようにしてしまえばよいものを、全然、そんなこともないですし。

多分、素人が書いたオリジナルガンダム小説の方が面白いですよ、きっと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

録画しておいた実写版『らんま1/2』をようやく視聴

一応、全巻所有しているマンガなので、当然のごとくチェックしていました。
原作の幾つかの話を組み合わせたような内容で、それにオリジナル要素を加えたといったところでしょうか。

まあ、映画ではないので、アクションなどの演出は「そんなものか」と言った程度でしたね。
乱馬や久能先輩の演技があまり上手くないというのも、まあ、他のキャストが豪華なことを考えれば、仕方がないでしょう。

また、オリジナル要素があるとは言っても、和風男溺泉のオチがそのままであれば、別段ひねりのある脚本でもないです。
とはいえ、へたにひねって失敗するよりは、まあ、無難でしょうか。

かすみさんのえげつなさが強調されていたり、なびきの基本設定が大幅に変わっていたりするものの、違和感がないのは原作の懐の深さというか無節操さのせいでしょうかね。
ともかく、まあ、そこそこ面白い出来ではありましたね。
少なくとも、ガンダムの二次創作アニメである『ガンダムAGE』よりはずっと面白いです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

さすがに、丸二年以上の集中力はなかなか続くものではありません

再就職のための活動に本腰を入らなければならないのに、やはり、夏以降は低空飛行気味です。

日記やブログを毎日書くことは、好きなことのためという意味もあるとはいえ、気がつけば丸四年以上は続いているのですけれどもね。
そんな私でさえ、そうした切実な事態に耐え続けられないものです。

ストレスや何やらで、どう考えても病気なのではないかと思えるぐらい、抜け毛が酷くなったりもしていますし。
まあ、でも、死ぬのではないかというぐらい胃が痛くなったことは一度しかないので、そういう意味では案外、そうした根気強さというか肉体の頑健さはあるのかなぁと、プラス方向にとらえられるわけですけれどもね。

でも、希望を持つ心というものは、これがなかなか擦り切れていくものです。
そして、心が擦り切れた人間は門前払いされるなり、そもそも挑戦する意欲がなくなってしまうという悪循環。
だからこそ、その循環に陥らないように総統無理して耐えると、身体の方が悲鳴を上げるわけですね。

幸いと言うべきか、実家に居座っているために寝食に苦しむことがないのですけれども、心身が潔癖な人間であるほどに、精神的な負担はあります。

*****

……などという、辛気臭いことを書いてしまっているのは、今書いている小説で、そういうような背景のあるキャラクタを書いているせいです。

ええ、主に私の精神状態は、その時に書いている自作小説の内容に大きく左右されるのです。
世界を滅ぼす魔王について書いている時は、いかにすれば世界を征服する事が出来るのか、ひたすらに考え続けていますし、絶対無敵のヒーローを書いている時には、窓から飛び降りたくなります。

まあ、そんなたわごとはともかくとして、職に窮していることは事実です。
何か、自分の能力を生かせる職に、巡りあえないものでしょうかね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

とにかく、豪華なアクション

仮面ライダーの映画を見てきました。
微妙にネタバレ含むので、感想は追記で。


【“とにかく、豪華なアクション”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

先日はお仕事が入っていたので

仮面ライダーの映画は、今日、見に行こうと思っています。
もちろん、事前情報は(TVのCMや公式サイト以外は)チェックしないように注意しつつ、劇場で遭遇する感動を味わおうともいます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

中編ばかりだということ

どうにも、長編小説を仕上げようとしても、中編になってしまいがちです。
もちろん、もう少し書き足せば長編にはなるわけですけれども、ストーリーラインとしてはそれで十分である以上、下手に書き足すとバランスを崩してしまいかねません。

いっそのこと、大見栄を切って、大長編を書くぐらいのプロットを立てた方が良いのかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

デュエット……?

『仮面ライダーオーズ』の新曲、もちろん、購入しました。
でも、ボーナストラックの『Anything Goes! ooo Special edit』は、やはりボーナストラックという程度の内容。

ふと、思い出してしまったのは、two-mixの『truth(名探偵コナンの主題歌)』の、コナンとのデュエットバージョンです。
まあ、仕方がないと言えば、仕方がないのかもしれませんけれどもね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ストレートやロックやカクテルに

アルコール度数96%の『スピリタス』が、最近、お気に入り。

ただのアルコールも同然と思いきや、案外、甘みが強いお酒です。
レモン汁と一対一ぐらいに割ると、砂糖を入れなくても飲めるぐらいで、ロックならスピリタスそのものの甘みを味わえます。
また、お湯割りにすると、寒い日には体が温まりますし、香りも引き立ちます。
ジュースで割っても、ジュースの味が薄まらないのもよいところでしょうか。

値段も案外手頃ですし、下手な焼酎やウイスキーよりも断然、おいしいです。
まあ、さすがにストレートで飲むのは危険なので、初めの一口目以外に試すことはありませんけれどもね。

実際、以前に大学で飲んだ際は(普通の焼酎のつもりで)ストレートを煽って、喉が大変なことになりましたから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

OVAの『ロードス島戦記』並みの面白さ

『機動戦士ガンダムAGE』が、とてつもなく酷い出来なので、ついに前回の放送は見忘れました。
まあ、とりあえず土曜日の正午から一週間、無料配信しているはずなので、それでカバーしておきます。

最悪、あのキャラクタデザインとメカデザインで、さらにあの脚本でも、演出が上手ければまだ見られるアニメなのですけれどもね。
プロデュースは元より、アニメーターの質も悪いですし、監督の采配も悪いです。

これで、せめて開き直ってプラモデルの販売促進のために作っているのならばともかく、全然、そんなこともないです。
スーパーロボットですらない、リアル路線ですらない、誰のために制作しているのかが、全く不明瞭すぎます。
本当に、一年間、続けられるのでしょうか?
制作体制を総入れ替えしてでも、相当なテコ入れを図らない限り、他のガンダムブランドの脚を引っ張りかねない状況ですよ。

『子供向けに~』というつもりだったら、素直にSDガンダムの新シリーズでも作れば良かったのですよ(あるいは、副題の『機動戦士』を封印するべきです)。
そもそも『アニメ(とくにロボットアニメ)というジャンルで、大人が納得できる作品が作れることを証明したい』というつもりで作られたのが『機動戦士ガンダム』という作品なのですから、前提の段階で間違えているのですよね、本当に。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.07 | | Comments(1) | Trackback(0) | 雑記

前売り購入

最近では、映画の前売り券もコンビニで買えます。
そんなわけで、仮面ライダーの映画前売り券を買ってきました。

まあ、コレクターではないので、特典付きの前売りが欲しいわけではないのです。

でも、いつもローソンで買うたびに思うのは、何で、映画のチケットを買うのに署名しなければならないのでしょうか。
偽造防止……というわけでもないでしょうし、いまひとつ、しっくりきません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ついにはpixivでも……

pixivの広告表示でも、ついにBLの広告が表示されていました。
R-18は表示されないようにしているはずなのに、広告で表示されるとは、どのような了見なのでしょうか。

『学園ハンサム』というゲームだそうで、学園中の生徒に刺し回る話らしいです。
定価525円とリーズナブルなお値段で、どうやら絵師はpixivユーザーでもある模様。

……べ、別に、一瞬でも「買ってみたいかも」なんて、思っていないんですからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

世の中に足りないもの

職がないと言われる中で、薬剤師や医療関係は、実に多くの求人がある模様。
それでも、なりたくてなれるものではないですからね。

私も、家にお金があれば薬学や医学に興味はありましたけれども、そうでない以上はそれに絞るわけにもいかなかったのですしね。

まあ、それ以前に、血を見るのがダメだという以上、そもそも向いていない分野ではあったわけですけれど。
でも、高校の化学の成績は非常に良かったですし、生物関係も嫌いではなかったのは事実。

しかし現在の私自身も、よく考えてみればプログラミングのスキルも知識も持っている、職にあぶれているのがおかしい人間ではあるわけです。
本当、何で、職にありつけないのでしょうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ちなみに、トップ・ファイターのタグは私専用

pixivの通知機能などがリニューアルされてから、気のせいか、古い作品に評価が入ることが多くなりました。
多分、検索機能の向上が、一役買っているのでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2011.12.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン