夜遅く、翌日の朝は早く

前の職場よりは、随分とマシですけれどね。
夜遅い日の翌日、早くから出なければならないのは辛いです。

基本、人間というのは昼行性なのです。
日が昇ったら起きて、日が沈んだら寝るのが一番良いのですよ。
それを、だらだらと夜遅くまで仕事するから、能率も下がってしまうだけです。

その観点だけで言えば、実のところ、今のお仕事は私の生活リズムに合っていないのですけれど……。
まあ、こればっかりは、仕方のないことです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

よく見ると、管理画面がマイナチェンジされています

FC2ブログの管理画面、よくよく見ると、マイナチェンジされているようです。
使いやすくなったわけではないですけれど、分かりやすくなったのかもしれないです。

まあ、機能なんて、ほとんど有効に使っていませんけれどもね。
自分でテンプレートを作ろうかとも思った時もありましたけれど、面倒なのでやめましたし。
そもそも、私はデザインに関する感性が、限りなくゼロですから。

普通、絵を描くにしても、これだけ長く描いていればもっと上手くなるはずなのですけれども……。
pixivに投稿しているイラストの時点で、お察し下さいというレベルです。
壊滅的なまでに下手ではないものの、何か大事なものが足りていませんからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

長編書出し中であるものの

またというか、プロットを全く組んでいません。
一ヶ月後、同じものを書いている可能性は、多分、30%程度でしょうか。

内容は、ミステリー(予定)。
ただ、ふたを開けてみると、全く別のものになっている可能性はあります。

大体、今現在の段階で、何故かアクションになっていますからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

今、新たに、さらなる帯切り婆の被害に気付きました

具体的に言うと、これです。

一週間以上前に買ったものですし、レシートもないので、弁償してもらえないのでしょうねぇ……。
酷い話ですよ、これは。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

イラストの投稿件数と執筆の進捗度

二、三回は記事に書いたような気がしますけれどね。
pixivのイラスト投稿頻度と、執筆の進捗度合いは反比例しています。

今月は、今のところ四つイラストをアップしているので……。
まあ、執筆震度はお察し下さいというレベルです。

他にも、長文記事が多いと執筆が進んでいないとか、色々とバロメータはあります。

いずれにしても、そろそろ、次の長編作品に取り掛かりたいところですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

妖怪帯び破り婆

私、本の帯って、どうしても捨てられない性質です。
むしろ、丁寧に扱って、帯を大切にしているほどです。

まあ、帯にかかれているあおり文句って、九割九分役に立たないのですけれどもね。
ネタバレが書かれているわけではないですし、宣伝文句として不適切なものもチラホラあります。

『三日月夜空、復活!?』 ← 復活していません
『L・O・V・E』 ← 全然、ラブ要素なんてありません
『ライトノベルの金字塔奇跡の復活!』 ← で、続刊はいつですか?
『ついにあと3冊でファイナル! カウントダウン開始!!』 ← 作者逝去につき未完

それでも、帯を見ればいつ店頭に並んでいた本かは分かったりします。
また、出版社がその当時、何を推していたかも分かります。
そうして、別の側面で見たときには、非常に面白いものなのですよね。

このように、様々な楽しみ方があるのが、帯です。
……ですが、それは先日のことでした。

いつものように、本屋で新刊を購入したわけです。
その際、「こちらの商品、ビニールをとらせていただきます」ということは、まあ、たまにあること。
要は、購入カードを抜き取るためなわけで、それ自体は何も変なことではありません。
ただ、その際……どうやら帯ごと引きちぎりやがったようでございますよ、そのレジのおばちゃん。

そのことに気付いたのは、購入してから数日後のことです。
とりあえず読み終わって、さて、いつものように帯のあおり文句を見てみようとおもったら、帯がないのです。
そして、よくよく見ると、本の1ページ目には無残に破り取られた帯の残骸……。

これ、弁償してもらえないのですかね。
本棚に並べた際、その巻だけ、帯がないという嫌な状況なのですけれど。
そもそも、文字情報が欠落している分だけ、明らかに損しているわけですが。
世の中には、たった少しの初回特典のために二個買いをする御仁もいるわけですから……。
帯も、それと同様の価値があると思うのですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

やはり、短編の方が面白い気が

『勇しぶ』の第八巻、読了しました。
基本、ドラゴンマガジン誌上に掲載された短編を集めたものですが、書き下ろしありです。
つまり、私は一通り目を通していた作品ばかりだったわけですが、それでも楽しめましたね。

やはりというべきか、この作品、短編の方が断然、面白いです。
多分、テーマとなっているものが、長編に不向きなのですよ。

ファンタジー世界の日常系とでもいうものですからね、この作品。
どうしても、長編展開には無理があるというか、相性が悪すぎです。
その点、読み切りのつもりで書かれている短編は、いずれも良い出来ですね。

まあ、シリーズを買ってもらうためには、長編が必要だというのは話からないでもないですが……。
作品の質を優先するのであれば、長編、いらないですよね。
あるいは、長編と短編の比率を逆にするべきだと思います。
短編、時々、長編……それでも十分、商売になると思うのですけれど。

大体、ファンタジア文庫内にも『生徒会の一存』という、実質短編のみのシリーズがあります。
あるいは、他レーベルですけれど似た例として『はがない』なんていうのもありますし。
『新人だから、そういう冒険はさせられない』という編集部判断なのだとしても、ここは、無理をしてでも短編中心に書いていただいた方が良かった気がするのですけれどもねぇ……。

まあ、アニメ化もされている以上、そのあたりは編集者の手腕なのでしょうけれど……。
メディアミックスには恵まれても、その反面で、原作そのものの完成度が低くなってしまっている印象があるのが残念です。
そのあたりが、角川グループらしいと言えば、角川グループらしい商売ですよね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

積んでいる本が三、四冊ほど

買うつもりのなかった本を二冊ほど買ったので、その分、積まれています。
そうでなくとも、一冊ほどは積んでいたわけですが……。

まあ、何とか、消化していきたいところです。
問題は、いずれも、一冊当たりのページ数が多いということでしょうか。

    *****

あと、話題は変わりますが、ファンタジア大賞二次選考中の『チョコレート・ブレット』。
選考中作品ゆえに、内容についての言及は避けますが、バレンタインデーの話ではないです。
……無関係とは言いませんが、ね。

ついでに、この際だから書きますが、GA文庫大賞に応募したのは二作品です。
作品タイトルを晒すようなことはしませんが、一作は使い回し、一作は新しく書いたもの。
実のところ、GAに送った二作品の方が、ファンタジア二次選考中のものより良い出来だと思っています。
(使い回しの方は、そう言いつつ、富士見で一次落ちしているのですが……)

何だかんだで、ファンタジア一筋と言いつつ、GAにもそれなりに精力的に投稿していますね、私は。
他の新人賞には、案外、送っていないのに、何故か送ってしまうのですよ。

まあ、結果が出ているのって、ファンタジアしかないのですけれどね。
それも、私の場合は一次選考を通ること自体、稀なわけです。
別に、ファンタジア大賞と相性が良いという訳でもなく……単純に、数出した結果ですよね、多分。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

武蔵は囮艦

『艦これ』、何だかんだで、武蔵入手です。

ただ、この燃費の悪い子、どうしましょうか。
壊れたら、修理で資材が吹き飛びます。
なので、レベルが上がるまでは、演習オンリーです。
ただ、演習であろうと燃料弾薬は消費するので、やはり、資材が飛びます。

そこで、私は思いつきました。
演習オンリーで出撃させて、なおかつ、燃料弾薬の補給をしなければ良いのだと。
……つまりは、囮艦です。
(あれ、でも、燃料弾薬無補給で出撃って出来ましたっけ? ……まあ、あとで試してみます)

そのまま突っ立っていても仕方がないので、対空兵装を満載します。
撃沈判定になると囮の役が務まらないので、缶を載せます。

……超ド級戦艦って、一体、なんなのでしょうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

pixivでキャプション改行機能解放

pixivが、今までは有料ユーザしか使えなかった機能を解放したようです。
しばしば、長文キャプションを書く私としては、嬉しい限りですね。

それに伴い、今まで、編集画面上では開業していたものも改行扱いになった模様。
もうちょっと、手直しした方が良い面もあるような気もしますけれど……。

まあ、面倒くさいですし、とりあえずはこのままで。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

【速報】ファンタジア大賞二次選考中

期待していなかったのですけれど、一応、二次選考中とのことです。
今回、通過率、高いですしね。

それにしても、やけに上の方にかかれているわけですが、これは多分、出した時期が早いからです。
締め切りの一ヶ月以上前ですからね、応募日時。

まあ、今日は偶々休みなので、買ってきたドラゴンマガジンでも読んで過ごします。
……というか、予定外に多く本を購入したので消化しないといけないのです。
今日が休みでも、明日以降が暇なわけではないのですよ。

なお、今号のふろくは瑞鶴の中破絵ポスターです。
『艦これ』好きの方は、是非、今日発売のドラゴンマガジンは買いかもしれません。
……が、こういうの、部屋にはる御仁なんているのでしょうかね?
いつも、この手の付録を見るたびに、首をかしげます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

ちょろちょろと短編などを

よい長編のネタもないので、とりあえず、短編を少しだけ書いています。
時間をかけて長編を書いても、新人賞を受賞できる水準のネタでないと、無駄になってしまう時間が多いですからね。

そもそも、短編をプロット代わりに長編を書くということも多いです。
そういう意味では、まあ、無駄にはなりませんよね。

むしろ、詳細にプロットを組むと、私の場合はまともに書けなくなってしまうのですよ。
もちろん、だからと言って、まったくプロットを書かないというのも論外ですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

内容はともかく、タイトルだけなら

書きかけの短編に、変なタイトルのものがあるのですけれど、なかなか筆が進みません。
タイトルの時点で内容を語りつくしているというか、出オチになっているわけでして……。

『聖ヒーロー学園ダークヒーロー学部中二病学科邪気眼コース』

……と、まあ、タイトルの時点で、言いたいことを言いきってしまっているのですよ。
実際、ある程度まで書き切った現時点で、ちょっとこれはないんじゃないかという内容です。

多分、名前負けしてしまっているのですよね、この作品。
どうにも、私の場合、タイトルから先に決めてしまうと上手くいかない傾向にあるようです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ファンタジア大賞の一次発表はもうすぐだったはず

延期されていた第26回夏期ファンタジア大賞の一次選考発表、そろそろですね。
まあ、運が良ければ通っているかもしれませんけれど、多分、今回も一次落ちでしょうか。

――――予――防――線――――

何よりも、物語が前半三分の一で完結してしまっていますからね、今回の応募作品。
具体的には、タイトルが示している内容について触れているのが、前半三分の一ということです。
もっと分かりやすく言うと、「『戦闘メカザブングル』というタイトルなのに、主人公がザブングルに乗っているのは前半だけじゃないか」というのと同じようなことをしてしまっています。

短編として書いていたものに手を加えたのが、ダメだったのでしょうか。
全く別の作品のプロットを組み入れてしまったのも、微妙に気持ち悪いですね。

何よりも、露骨なページ数稼ぎが、読み返してみても鬱陶しいです。
書くにしても、もうちょっと、書きようがありますよね。
むしろ、これが一次選考を通っていたとしたら、ビックリです。

個人的には『AI・おぼえていますか(=一次落ち)』の方が、まだ出来がよいと思えます。
そういう意味では、一次を通ったとしたら「何故?」と思ってしまうことでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

連装砲ちゃんの看板

先日、ちょっと遠出をした際、駅に連装砲ちゃんの看板があるのを見ました。

角川ゲームズ……ではなく、DMMの看板のようですね。
どうも、各地に大量に看板を設置している模様です。
主要な駅には、設置しているのでしょうか?

ともあれ、『艦これ』って、それだけ儲かっているっていうことなのでしょう。
……いえ、僅かとはいえ、課金した私が言うことでもないのかもしれませんが。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

GA文庫大賞の受領メールが来ました

昨日、第6回後期GA文庫大賞の応募原稿受理のメールが来ました。
しっかりと、メールで受領確認してくれるところが、GA文庫さんの良いところですよね。

もっとも、評価表返信用封筒を入れない私は、あとは結果を待つのみです。
そういう意味では、GA文庫大賞応募者の中でも、私は少数派なのかもしれませんね。

大体、今回はファンタジア大賞に出すつもりだったものを先にGAに応募しているわけです。
選考日程を考えても、評価表はファンタジア大賞までには間に合わないですし。
(一次落選を前提に考えている時点で、どこかおかしいですが)

つぶやき……は、別に、どうでもよいです。
つぶやかれたらつぶやかれたで、アクセスカウンタが高速回転しすることにオロオロするばかりですし。
つぶやかれなかったらつぶやかれなかったで、「歯牙にもかけられない作品なんだ」と落ち込むところですし、ね。

ともあれ、どんな結果が出ても、平然と受け流せるぐらいの心持ちでありたいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

休みだったのでスカイツリーに行ってきました、が

先日、初めて東京スカイツリーへと行ってきました。
まあ、例によって、姉の娘たちのお守なわけですが……。

やたらと混んでいるなぁと思ったら、先日は、埼玉県民の日だったらしいのですよね。
伊勢崎線が混んでいましたし、子供連れのママさんが多いこと、多いこと。

多分、埼玉県人の大多数が、こぞってスカイツリーに来たのではないでしょうか。
距離的にも、おそらくは来やすいのでしょうし。
ディズニーランドなんかも、関東各県の県民の日には混むと言いますしね。

……ともあれ、本当、疲れたのひとことです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

むしろ、増えているようです

pixivで変なイラストを描いて投稿すると、大体、お気に入りユーザから外されるのが常です。

それだというのに、気のせいか、前のイラストを描いた際には二人ほど増えたようです。
あれぇ、おかしいですねぇ……。

別に、増えて嫌なことはないですから、良いのですけれどね。
もちろん、減れば多少は落ち込むものなので、減らずに増えることは良いことなのですけど……。

何だか、色々と釈然としないものがあります。
フォローされるに足りる絵ではなかったはずなのですけれどね、あれは。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

よくよく考えると、かぶっているような気もします

試しにGA文庫大賞に送ってみるつもりの新作についてのことです。

……もしかしたら『魔法少女まどか☆マギカ』の新作と、微妙に内容が被っているかもしれません。

いえ、気のせいと言える程度のことなのですけれどもね。
実際、『まどマギ』の新作を見に行ったのは、ついこの間のことです。
私の新作はそれ以前、既に書き終えていますから、影響を受けているわけではないですよ。

それでも、『まどマギ』の新作を見た人であれば……。
多分、それっぽいかもと思えてしまうだろう部分があるわけでして、ね。

救いと言えるのは、私の作品が、魔法少女ものではないということでしょうか。
SFでもありませんし、広義の魔法ものでもないです。
今回の作品はホラーというか、ロボットものというか……とにかくそんなテイストなので。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.13 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

靖子にゃんの初脚本作品

YouTubeで公式配信中の『特捜ロボジャンパーソン』。
その第40話が、『仮面ライダー電王』『龍騎』『OOO』などの脚本家、小林靖子のデビュー作らしいです。



もっとも、実際にはクレジットされていない『真のデビュー作』が存在する可能性もあります。
なので、本当の本当にデビュー作なのかは不明ですけれどね。
それでも、記念すべき作品なのは、言うまでもないでしょう。

人間味のある敵役など、それとなく、靖子にゃんらしい脚本ではありますね。
そもそも、『ジャンパーソン』という作品が、そういう傾向のある作品なのですけれど……。
常に増して、それらの傾向があったのかなという印象です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

見に行くつもりはなかったのですけれど

『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版、見に行ってきました。
以下、ややネタバレありです。



【“見に行くつもりはなかったのですけれど”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

やっぱり、コレジャナイ

イラストに色を塗ってみたものの、やっぱり、コレジャナイ感があります。

まあ、今までにしても「これだ」というものが描けたためしがないのは、事実です。
ただ、もう少し、下手は下手なりに足りないものを感じるわけですよ。

……そんなこんなをしているせいで、ここ数日、小説はあまり書いていません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

そろそろ、応募書類をまとめる時期

基本、私はギリギリまで粘るということはしない主義です。

余裕を持っての五分前行動は当たり前、むしろ三十分前行動も少なくありません。
そもそも、私の場合、粘ると裏目に出ることが多いですからね。
粘るつもりなら、その分を計算に入れた上で、五分前行動をします。

そんなわけで、GA文庫大賞に送る書類を、そろそろ作ろうと思います。
本当は、締め切りの一ヶ月前に出すのが、私の場合は普通なのですけれどね。
どの作品を応募すべきか迷っていたせいで、現在のような状況になっています。

まあ、つまりはいつもより出すのが遅くても、結局、長々と推敲していたわけでもないということです。
……ええ、やっぱり、このまま粘っても何の意味もありませんよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.09 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

良いアイディアだと思うのは、大抵が幻想です

pixivのイラストコンテスト向けに、よいアイディアを思いついたと思ったのです。
ただ、実際に描いてみると、そうでもないのですよね。

単純に、画力がないだけということもありますけれどね。
案外、そもそも、そんなに面白いアイディアでないということもよくあります。
また、実は、アイディアを思うような形に出力しきれていないだけということもあります。

そのあたり、小説の場合も、同様のことですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

録画番組の消化が出来ず

何が原因かというと、もちろん、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版を録画したからです。
そんなわけで、まだ、視聴を終えていません。

面倒なのは、録画機がリビングにあるということです。
チャンネル権とでも言えば良いのか、そういうものがあるわけです。
実家暮らしの弊害ですよね、それも。

まあ、SDカードなどに入れて、持ち出せばよいのでしょうけれどね。
この間買い替えたデッキは、そういうことができたはずですし。
もっとも、SDHCは持っていないので、買ってこないといけないのですが……。

あれ? でも、普通のSDカードでもできるんでしょうかね?
……まあ、あとで説明書を見ておきます。
ただ、どの道、他にSDHCを使いたい事情もあるので、今度買っておいた方がよいかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

推敲作業などをしながら

どうも、私は気を抜くと、改行が少なくなる傾向があるようです。
特に、調子がよいときに書いた文章など、10行以上も改行がなかったりします。

まあ、それでも、読みやすいときもありますけれどね。
改行されすぎると、むしろ読みにくい時がありますし。

それでも、ラノベ的なものの場合、出版時のレイアウト的に3行以内で改行した方がよいのでしょう。
いっそのこと、京極夏彦大先生のように、1行ごとに改行が繰り返されても良いぐらいです。
……まあ、京極先生の場合は、改行は手段であって目的ではないのですけれど。

ともあれ、改行というのは、案外、重要なものです。
せっかくの文章も、改行のタイミングを間違えると、途轍もなく読みにくくなる時がありますしね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

ウルトラマンが出ていますが、東映特撮です

YouTubeで公式配信中の不思議コメディシリーズ最終作、『有言実行三姉妹シュシュトリアン』。
最終回間際に、ウルトラマンとの共演です。



もちろん、ウルトラマンは円谷プロであって、東映作品ではありません。
いわば、制作会社の垣根を越えた、特別な演出なわけです。

……なお、東映不思議コメディシリーズにツッコミを入れたら負けかなと、そんな気がします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

後ろ向きに考えて、チャンスを増やしてみる必要もあるかもしれません

先日書いた通り、長編がひとつ仕上がったわけです。

ただ、ファンタジア大賞向けに書いていたものの、締め切りは二月末。
GA文庫大賞などは一次発表がそれよりも前ですから、一次落ち前提だと、チャンスが増えるのですよね。
……いえ、一次落ち前提というのは、おかしな話なのですけれどね。

他にも、地雷っぽいレーベルですけれど、オーバーラップ文庫大賞という選択肢もあります。
一次発表時期が公式アナウンスされていない分、二月末日を過ぎる可能性もありますけどね。
ただ、こちらについては、富士見同様、完全オンラインですから手間もかかりません。

ともあれ、一次落ち確率九割以上というのが、私の実情です。
ですから、ここはいっそ、どちらかに応募してみても良いかもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.04 | | Comments(4) | Trackback(0) | 雑記

訃報、もがみん轟沈

Lv52の艦を轟沈させてしまいました

……某オンラインゲームの話です。
やっぱり、大破している時に連戦させてはなりませんよね。
イベント海域のボスが、真っ先に大破している娘だけを狙ってきたのですよ。
ブラウザを消そうとも、戦闘突入した時点で判定は決まっているので、意味はないのですよね、これ。

重巡洋艦の中では一番、レベルが高かったのに……。
というか、唯一の航空巡洋艦だったのですけれど、また、一から育て直しです。
不幸中の幸いは、他と比べてレアでない航空巡洋艦だったということでしょうか。
これが、他の航空巡洋艦(そもそも持っていませんが)だったら、もっと泣いています。
(でも、こういう時に限って、なかなかドロップしないんだろうなと思います)

ついでに、貴重な三式弾も一緒に持っていかれましたし、一気にやる気がなくなりました。
期間限定海域は、無理してクリアしようと思わない方がいいかもしれません。
特に、E-4とか、無理です。
資源は何とか回復できても、轟沈した艦は戻りませんし……。
レアアイテムなどを装備させていたら、余計ダメージも大きいです。

そんなわけで、とりあえず、武蔵さんなどは諦めて、正式実装まで待つことにします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

一応、完成

書き始めが八月半ばですから、執筆期間は、おおよそ二ヶ月半でしょうか。
一応、散々言っていた作品を書き終えました。

ページ数は、私にしては多い、243ページ(40×16換算)。
いつも、下限ぎりぎりの200ページちょっとですから、いかほどのものかは分かるかと。

もっとも、まだ、読み返してもいませんからね。
やっぱり、気に入らなくて、大幅に書き直したりするかもしれません。
ただ、やっぱり、区切りがついたのとつかないのとでは違いますからね。

ともあれ、これで別の作品の手直しをしたり、新作のプロットを考えたりできます。
pixivの小説コンテスト向けの書きかけ短編などもあるので、そちらにも手をつけてみたいです。
もちろん、それよりも優先すべきものもあるので、そちらからということになりそうですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2013.11.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン