これが欲しいです

どうやら、連装砲ちゃんのぬいぐるみが発売するようです。




ただ、商品写真を見る限りでは、だいぶざっくりとしたデザインのようです。
……まあ、フィギュアなどではなく、ぬいぐるみですからね。

島風は、別に好きでも嫌いでもないですけれどね。
連装砲ちゃんは、良いと思うのです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

大鳳来ました

『艦これ』似て、装甲空母がようやく建造できました。
あとは、建造できていないのは大和だけです。

まあ、レア駆逐艦はやはり、まだそろっていないのですけれどもね。
ドロップ運は、まあ、微妙です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

バックアップは定期的に

父が携帯電話が不調だということで買い換えたのですけれど、データが移行できなかったようです。
SIMカードを認識できなくなってしまっている様で、データを抜き取れなかったとのこと。

一応、そういうときのために、携帯電話にはSDカードが付いているのですけれどね。
どうやら、バックアップを全くとっていなかったらしいのです。

……SDカードの中身がまっさらだったわけですから、本当、何のためにSDカードを買ったのだか。
バックアップをとっていなかった以上、単なる自己責任なのですけれどもね。

データバックアップサービスもいつの間にか解約していたあたりも、さらに手に負えません。
四苦八苦してデータを取り出そうとしてあげている私に対して、文句ばかり言いますし……。
自分の無知を棚に上げる人って、本当、手に負えないです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

このまま行くと、登場人物が24人超

明らかに無謀な数字ですよね、これ。
それも、一般的なラノベ系新人賞向けに書いていますから。

半分に削ったとしても、まだ、多すぎです。
三分の一にしても……まだ、ちょっと多いですね。

ただ、無理なものをいかにありにするかというのも、肯定的に考えれば腕の見せ所です。
……いえ、まあ、最終的には三分の一ぐらいに削ることになりそうですけれどもね。

ちなみに、文字数だけで言うと30000文字ぐらいは書けています。
目安としては、大体、1/3~1/4ほど書けたかと言ったところでしょうか。
その代わり、物語的にはまだまだ序盤という感じがしないでもないのが、困ったところ。

『指輪物語』に例えると、ホビット庄を旅だったかと言うぐらいのところ。
『ロードス島戦記』に例えると、ザクソンの村を出立したあたりでしょうか。
要は、まだ物語の目的がほとんど見えていません。

……やっぱり、こう考えると、ラノベ新人賞でファンタジーを書くのって難しいですよね。
最近は沈静化しましたけれど、オンラインゲーム的なものや魔王勇者ものが流行っていたのも納得です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

資材に糸目をつけなければ

『艦これ』イベント中です。

なんだかんだで、E-4まで来ました。
……というか、そればっかりやっていれば、そんなものでしょう。

E-3とかも、戦艦でゴリ押しすれば、どうと言うこともないのですね。
もちろん、その分、資材がみるみるなくなっていきますけれども。

バケツについては1400個はありましたから、そちらは特に気にせずとも良かったです。
問題は、E-5が情報を見る限りでは、相当つらそうだということですが……。

まあ、とりあえずは減った資源を回復させることが大切ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

目標の五分の一ほど書けたものの

なんだかんだでファンタジーを、想定の五分の一ほど書いています。

ただ、既視感がある……というか、これだとパクリなのですよね。
何のパクリなのかというと、もちろん、『ロードス島戦記』などのです。

まあ、どうしても似てしまうというか、半ば意識的に似せた側面はあるのですけれどもね。
ただ、序盤はともかくとしても、せめてもうちょっと何とかしたいです。

理想としては、パクリっぽく見せながらも、本質は全然違う作品という形に持って行きたいのですよね。
その構想はしっかりとあるのですけれど、問題は、今の私の技量でどこまで実現できるのかです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

群像劇とか

先日の話の延長ではありませんけれど、今現在書いているファンタジーが、気がつけば群像劇です。

具体的には、章ごと……というか場面ごとに視点人物が変わっているのですよね。
狙って書いているわけではなかったのですけれど、気がついたら、そうなっていました。

むしろ、ラノベ的なものでは禁じ手といっても良いようなものですよね、群像劇って。
それこそ、キャラクタの書き分けやキャラ立ちが上手くいっていないと、読みにくいのですし。

……まあ、そういう練習だと思って、とりあえず書けるところまで書きたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

キャラクタ小説になっていない

ライトノベル系の小説は、いわばキャラクタ小説である訳です。
けれど、私の書く作品は、そうなっていないことが多いのですよね。
何というか、世界観重視であるわけで、どうしても地の文の比率が大きいわけです。

以前にもらった評価表などを見返してみても、そうなのですよね。
比較的キャラクタ小説の側面が強い作品でさえ、そのような指摘を受けています。

ちなみに、その小説をノベルチェッカーで分析してみると、台詞の比率が非常に多いです。
文章全体の四割が台詞になっているはずなのですけれど、それで『地の文が多い』といわれても……。
他の作品は多くても台詞が三割で、平均すると二割五分ほどしかないですから、

ここはやっぱり、キャラクタ造形を重視した秀作でも書くべきなのでしょうか。
前にも記事にしたことがありますけれど、私はどうにもキャラの描き分けが苦手なわけですしね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

安定の一次落ちです

ファンタジア大賞、安定の一次落ちです。

まあ、自覚できる難点もいくつかあったわけですから、当然といえば当然かもしれません。
後味の悪い結末にしていたということもありますからね。
それもマイナスだったのかなぁと思う次第です。

ラノベ文芸賞は出さないとして、次は夏ですね。
今現在書きかけの作品の撃ち、どれかひとつは完成させて、出したいです。

もっとも、いずれもストーリーが地味なのが難点なわけでして……。
本当、そのあたり、私の課題ですよね。
アクションものを書いているつもりが、全然アクションがなかったとか、そういうことばかりですし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ファンタジア大賞の一次選考発表は今日

今回は一作品しか送っていないわけですけれど、どうなるでしょうか。

他の人とはかぶっていないテーマだとは思うのですけれど、今ひとつ納得できていない部分もありますからね。
変化球と言えば変化球ですけれど、案外、ありきたりな話ですし。

……ちょっと不安になったので、冒頭だけ読み返してみました。

やっぱりというか、この作品、読みにくいです。
元々が短編として書いたものを、無理矢理長編に仕立て直したせいですよね、やっぱり。

要は、短編というのは十の内容を一の文章で書くものなのです。
それに対して、長編というのは十の内容を十の文章で書くわけでして……。
どうもこの作品、十の文章に書き直したときに、内容を十五ぐらいに増やしてしまった感があります。

なんだか、無駄に情報量が多いのですよね。
書いた本人であればともかく、初見の人は頭に疑問符を浮かべることでしょう。
あるいは、読者のことを小馬鹿にした、Sっぽい文章ともいえます。
……まあ、つまりはMっぽい人であれば、受け入れてくれるかもしれないということですけれどもね。

とにかく、一次選考結果の発表は17時の予定です。
安定の一次落ちになるか、それとも最近多い一次通過(ただし二次落ち)になるか。
あまり期待せず、待っていることにしましょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

そういえば、仕事場のPCがまだXP

XPでないと動かないソフトを動かしているだとかで、WindowsXPのPCがあるのですよね。
ちなみに、会社で保有しているのではなく、リース契約のPCとのこと。

まあ、今月中には非XPのものに変えるらしいのですけれどね。
でも、件のPCって個人情報を取り扱っているのですけれど、それでよいのでしょうか。

もちろん、サポートが切れたOSだからといって、それがすなわち情報漏洩につながるわけではないでしょう。
ただ、企業として、せめて期限が切れる前に更新するように努力すべきだとは思うわけですよ。

たしかに、サポートがあろうと、ウイルス対策ソフトを更新していようと、情報は流出するときには流出します。
けれど、できる対策を必要なときに講じていたかどうかというのは、信頼という意味では大切だと思うのですよね。

それこそ、悪意ある攻撃者が全面的に悪いのは当然なことです。
そして、そんな悪意ある人間が存在するがために、その他の良識ある人々が費用や手間暇をかけて対策を講じなければならない……その現実は、悲しいことです。
けれど、そんなのは人間社会の中にあっては当たり前のことです。
それをいいわけにして対策をおろそかにするのは、純粋無垢であるというよりも、ただの無知でしょう。

要は、腹を空かせた狼の中に、丸腰で飛び込んでいくようなものですよ。
まあ、丸腰でも、腹を空かせた狼を手懐けられるというのなら別ですけどね。
あるいは。幸運にも無事で済むかもしれませんし、狼かと思ったら人畜無害な子犬であるのかもしれないですし、もしかしたら彼らは狼が肉食動物であるということを知らないだけなのかもしれませんけれども……少なくとも、私はそんな危険な選択はしません。

ともあれ、早く、XPのPCから交換されませんかね。
大体、リースならリースで、そのリース業者はどういう腹づもりなのかという話もありますけれど……そこまで言っているときりがありませんか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ファンタジア向けというわけではないもののファンタジー

いい加減、ひとつの作品に絞れば良いのですけれどもね。
どうにも、色々と手を出してしまいます。

ふとした思いつきから、現在、ファンタジーを書いています。
思いついたときに書かないと書けなくなるということもありますけれど……少々、無節操でしょうか。

もっとも、ハイファンタジーというほど真面目ぶったものではないです。
むしろ、パロディというか、パクりです。
……原型が分かってしまうような形で書いてしまっていますからね、これ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ようやく、浜風とZ3を

『艦これ』にて、比較的レアな駆逐艦をようやく入手。

駆逐艦については、あとは初風と秋雲と長波だけでしょうか。
案外、卯月や夕雲は、あっさりと入手しているのですよね。

ちなみに、建造可能な艦娘では、大和と大鳳が未入手です。
Bismarckは、この間、建造できたのですけれどもね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

二次創作であると言うだけで売りになるのでしょうか

pixivなどで二次創作小説をあげていて思うのは、これって文章の巧拙は関係なのだなということです。

本当、二次創作であるということだけで、オリジナル以上の強みになりますよね。
需要が低い場合は低いなりに評価が集まりますし、需要が高い場合は高いなりに評価されます。

まあ、ある程度以上の閲覧数が稼げれば、また、話は変わってくるのでしょうけれどね。
ただ、少なくとも私のように細々とやっている場合は、そんなものなのかなぁという印象です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

空箱を少し整理

どうにも、私は空箱をとっておきたくなる性質があるのです。
いつ、いかなる時に使いたくなるか、分からないですからね。

ただ、そう思ってとっておくものの、使う機会も特になく。
一方的にたまっていくばかりなので、最近は、ちょくちょく処分しています。

やはりというか、それだけでも、だいぶ部屋のスペースが広がります。
そもそも、箱をとっておくという行為は、広い部屋に住んでいる前提で行うべきことですからね。
狭い部屋の場合は、適度に処分した方が良いのでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

結局、主に紙に描いています

液晶タブレット的に描けるPCにしたのに、結局、紙に描いていることが多いです。

たしかに、それ以前のペンタブレットよりも、数段、描きやすいのは事実なのです。
けれど、液晶画面を見ていると、目が疲れますからね。

そもそも、私の場合、絵を描くのは気分転換の意味が大きいです。
疲れてしまうのでは気分転換になりませんから、結局、使う機会はそれほど多くないわけですよ。

それに加えて、絵を描くときは普段のポジションから変えないといけないのですからね。
対した作業ではないですけれど、その点も面倒くさいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

いらない本は処分してしまった方が良いのか

主に、学生時代にブックオフ買い漁ったマンガが邪魔です。

元々、買値が安かったというか、安くでもなければ買わなかっただろうものですからね。
いっそのこと、ブックオフなどで売ってしまっても良いかなという気がします。

多分、ほとんど値段にならないと思うのですけれどね。
何らかのタイミングで、すっきりさせたいところです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.14 | | Comments(4) | Trackback(0) | 雑記

迷っていても仕方がないので

とりあえず、SD文庫大賞……もとい、第一回集英社ライトノベル新人賞に応募しました。

よって、次のGA文庫大賞には出す弾はありません。
さすがに、今書いている新作は、一ヶ月以内に書けるということはなさそうですしね。

たしかに、現状ではまだ、推敲が不完全な気がしないでもないです。
けれど、ギリギリまで推敲しようとすると、私の場合、完成度が余計下がってしまうことが多々ありますから。

応募締め切りの一週間以上前に出すのが……まあ、ベターです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

充電中

最近は、本やら何やらを読んでいる時間が多いです。

その代わり、小説などの作品などはあまりかけていないわけでして……。
ま、まあ、充電中のようなものですね。

仕事でもないのですから、嫌々書くものでもないですし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

もう少しソフトなものかと思っていたら

あらすじを見る限り、もう少しソフトなものかと思ったのですよね。

突如として地球に現れた謎の生命体《ペンギン帝国》と~

……などと書いてある以上、もう少し、可愛らしいものが出てくるのかと思うじゃないですか。
せめて、スラップスティックみたいなドタバタしたものかと思っていたのです。
ついでに「子安さんが出演しているんだぁ」とか思って、ついつい見てしまったのですよ。



でも、実際に見てみると、ガチじゃないですか、これ。
……ガチで、マズいアニメですよ。

こういう不健全なのは、私の一番苦手とするものです。

たしかに、なんというか……そーいうものを前面に押し出した場合、ある一定のパイはとれるものなのでしょう。
けれど、だからこそ、ものを作る人間としては、安易にそうした路線に走ってはなりません。
結局、そういった路線に走るというのは、自分たちに実力がないということを主張するようなものですからね。
極端なこというと、中身スカスカでも、そーいうものを前面に押し出せば売れるんですから。

……でも、だからこそ、そーいう路線の作品なのに、中身があって面白いと困ってしまいます。
いえ、中身があるというか、あまりにくだらなくてしょうもないことが面白いのですけれど。
まあ、第一話しか見ていないですけれど、ね。
不覚にも、面白いということを認めざるを得ないわけですよ、ええ。

ちなみに、未公開ですしこれからも公開する予定はないですけれど……あのペンギンみたいな頭悪い生物が出てくる作品は私も書いたことがありますので、あまり他人のことをとやかく言える義理ではないです。
むしろ、私の書いたそれは、あれ以上にヤバかったりなんだりしますけれど……まあ、未公開ですし今後も公開するつもりもありませんからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

削る作業をしていたはずが

推敲中の作品、GA文庫大賞などに送るにはページ数が五ページほど多かったのです。
なので、削る作業をしていたはずでした。

でも、気がついたら、さらに五ページほど増えていたのですよね。

そもそも、今現在の状態だと、むしろまだ言葉が足りないぐらいでしょうか。
加筆したためか、前後のつながりがチグハグになって、とても読めたものではないです。
そう、章をひとつ増やしてしまったため、他の部分も多大な影響を受けて、雪だるま式に増えているのですよね。

そのため、現状だと描写を削ることは不可能です。
削るとしたら、どこかしらの章をごっそりと削るしかないのですけれど……それなら全文書き直した方が早いぐらいです。

他の解決策として、文字数制限のない新人賞に送るということも考慮すべきなのでしょうかね。
けれど、この作品を受け入れてくれそうなものというと……MFブックスとか?
よく考えると、この作品、対象年齢層がやや高めですからね。
でも、あそこは地雷っぽい気がしないでもないので、この作品を出すのはもったいない気がします。

SD文庫という選択肢もあるかも知れませんけれど、傾向がよく分かりません。
大体、SD文庫の作品はひとつも読んだことがないのですけれど……まあ、それはMFブックスであろうと同じでしょうか。
ただ、Web投稿ができるようになったという話ですから、その点では楽で良いかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

もはやメロンパンとは何かを問うレベル

『相棒メロンパン』、食べてみました。

もはや、メロンパンでも何でもないですけれど、紅茶風味でおいしかったです。
多分、今まで食べてきたメロンパンの中で、一番おいしかったのではないでしょうか。

ついでに、関東限定発売だった『相棒蒸しケーキ』は……まあ、普通の蒸しケーキです。
おいしかったですけれど、メロンパンほどのインパクトはなかったですね。

もっとも、メロンパンってパンといいつつ、区分的には明らかにお菓子ですよね。
カロリーは高いですし、結構、胸焼けがします。
その分、コストパフォーマンスは高いのでしょうけれど、こんなのばかり食べていたら太りますよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

お金がない

一番の原因は、本を買ったことでしょうか。

それも、私はあまりマンガを買わないのですけれどね。
たまには、そういうものもいくつか読んでみるかということで、まとめ買いをしてしまいました。

本当、本って定価で買うと高いです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.08 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

感度良好なるも

先日、話題にあげた件です。

なんだか、非常に疲れました。
設定でも疲れましたし、何よりも、諸事情で電気屋を往復する羽目になりましたし。

とりあえず、わかったことは、私の部屋の入り口にはミノフスキー粒子が散布されているらしいということです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

いい加減、中継器を買うことを検討します

今まで、さんざん自室の劣悪な無線環境に耐えてきましたけれど、そろそろ限界です。
いい加減、LANの中継器を買います。

ちょうど、CATVのキャンペーンでタブレットプレゼントというものがありますしね。
無線でもCATVが視聴できる……というのが最大の趣旨なわけで、それを言い訳に使おうと思います。

要は、現状だと私の部屋に無線が入りにくい以上、両親の寝室にも無線が入りにくい……とでも言って、自分の懐を痛めずに買わせるのです。

……べ、別に、たかりじゃないですよ。
一応、両親の側にもメリットはありますし。

それに、私もできれば今年度中には家を出たいと思っていますから。
……まあ、思っているだけであてがあるわけではありませんが。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

来月あたりに大学へ行く予定ができましたが

やはり、なんだかんだで幹事役をやってくれる人がいるのはありがたいですよね。
大学の研究室生でまた、来月あたり、集まります。

……もっとも、その中にあって、私だけフリーターなわけですが。
別に、望んでそういう状況にあるわけではないですけれど、肩身が狭いものです。

「今年こそは」という台詞を、いったい何度吐いたものか。
まあ、それでも集まりに出席するといってしまうあたり、私も厚顔無恥なのですけれど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.05 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

時々食べたくなるものの、やっぱり食べると微妙な気分になるもの

メロンパンって、時々、無性に食べたくなるのですよ。
それも、メロンの風味をつけるというような邪道ではなく、正当なメロンパンが。

でも、実際に食べてみると、やっぱりそれほど好きでもないのですよね。
何というか、おいしいと思える要素がひとつもないのですよね、メロンパンって。
さりとて、まずいと言える要素も特にないわけで、要はそれがガッカリする要因なのでしょうか。
おそらく、私の中では、ガッカリな食品のナンバーワンです。

……そう言っているというのに、何故か、最近、父がやたらとメロンパンを買ってきます。

ここまでくると、ガッカリと言うよりも、むしろうんざりしてくるものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

こっそりと、色々修正

なろうやpixivにて公開している作品を、色々とこっそり修正。

……こっそりと言いつつ、実は10000文字前後、修正していたりするのですけれどもね。
もしかしたら、さらにもっと、修正するかもしれません。

いえ、まあ、既に公開している作品を修正しても、特に良いことなんてないのですけれどもね。
そんな暇があるのなら、新しい作品を書いた方が良いですし。

大隊、修正したから作品の質が上がるとは限りません。
そのあたり、難しいところです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

春アニメには特に見たいものがないです

なんだか、毎期のように言っていますね、このこと。
ともあれ、私はそれほどアニメが好きなわけでは(以下略)。

多分、見るのは『牙狼』の新作ぐらいでしょう。
……ああ、でも、これはアニメじゃなくて特撮ですね。

本当、もうちょっとぐらい、それらのことに興味を持てるようになりたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 雑記

東京は雪の予報

本日は、エイプリルフールです。

……いえ、もっと気の利いたジョークでも言えれば良いのですけれどね。
どうにも、私にはそういったセンスはないのですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン