もういくつ寝ると

明日で、歳がひとつ増えますね。

うーん、三十歳ですか。
何というか、早いものですね。
結婚もまだしていないですし、お相手もいないですし。

本当、年々、時が経つのが早く感じます。
そんなふうに時間は過ぎて……。
いつか気付いたら死んでいるのでしょうかね。

なかなか、はかないものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

飲み屋というのは空気が悪いわけでして

飲み屋の類に行った後、やけに鼻が詰まります。

もしかしたら、たばこの煙のせいかもしれませんね。
なんとなく、私はたばこアレルギーがあるような気がするわけでして。
普段も鼻が乾燥したり、咳やくしゃみが出たり、微熱が出たりしますから。

そしてまた、そういう所へ行った翌日は、服からもそれらの臭いがします。
なので、すぐに洗濯に出さないといけないのですよね。
そして髪にも臭いが付いてしまうので、よく洗わないと、夜よく眠れなくなりますし。

うーん、難儀なものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

長編をまとめる手が止まっていたので

書きかけだったものが、いくつかありますからね。
このあたり、少し時間が出来たときにまとめていきたいです。
あれとか、あれとか……。

一応、目安としてはファンタジア大賞に応募するということになりますかね。
GAに出した作品が、何かの間違いで一次を通過すると、弾がなくなりますからね。
何とか、もう一作品ぐらいは仕上げておきたいです。

あまりギリギリまで粘るというのも、性に合わないですしね。
何とか、1月2月中には……といったところでしょうか。
推敲などは、一ヶ月ぐらいは見ておきたいですし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

予定がある人の方が多いのが普通なわけですし

お仕事場の飲み会の類、年々、参加人数が減っている気がします。

まあ、今のご時世、強制参加というわけでもないですし。
それに、この時期は予定のある方も多いですからね。
そういう時代だというか、そういう時期だというか……ですね。

まあ、もっと単純に、別の理由ということもあるかも知れませんけれど。
そのあたりは、私の方からは何とも。
それこそ『嫌なときは断れるようになった』と見るべきか。
あるいは、『コミュニケーションの場が減った』と見るべきかですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

かすりもしないものばかりです

GA文庫大賞恒例の呟き、ついに編集長さんも参戦のようです。

しかし、それにしても……かすりもしませんね、私の作品は。
今までの所、いずれも、そもそもジャンルが違いますし。
それを個性があると取るか、流行から外れてしまっていると取るか。

うーん、若い感性が失われつつあるのかも知れませんね。
もっとも、私の場合は子供の頃から、あまり流行というのが分からない性質だったので。
その意味では、年齢どうこうではなく、単純にそういう感性なのかなとも。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

年末の忙しい時期です

ほんの少しだけとはいえ、やはりこの時期は忙しいですね。

色々と、やろうと思っていたことはあったはずですけれど……。
うーん、とにかく、しなければならないことを優先しないと。
短編をまとめることなどは、しばらくお預けといったところでしょうか。

……あと、結局、部屋の大掃除はあまり出来ていません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

帰国していた兄が帰りました

タイトルを書いていて、ふと疑問が。

現住所が向こうであるなら、動詞は『帰った』でよいのですよね。
そのわりに、帰国していたと書いているあたり……うーん。
こういうとき、言葉って時々不便ですよね。

ともあれ、兄は日本を去りました。
うーん、しかしこの表現も、あまり良くない気がしますし。
なかなか、難しいです。

こういうとき、『超時空要塞マクロス』のカルチャーショックを実感します。
きっと、ゼントラーディも同じようなモヤッとした気持ちだったことでしょう。
まさに、デカルチャーです。
いえ、まあ、どんな認識の仕方をしているのだという話ですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

キリスト教徒ではないのでクリスマスのお祝いをする習慣はありません

クリスマス……とはいっても、特に何の感慨も湧かないわけです。

私の場合、子供の頃も「誕生日が近いから」で済まされましたし。
特別、何かの思い入れがあるわけでもないのですよね、この日は。
クリスマスツリーも、幼稚園の頃までしか飾っていませんでしたね。

まあ、キリスト教徒でもありませんし、厳粛にお祈りをするというわけでもなく。
とりあえず、クリスマス仕様の商品を眺める……ぐらいでしょうかね。
なかなか、寂しいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

古い作品を修正するよりも

古い作品を修正するより、場合によっては新しいものを書いた方が早いですよね。

よくある例としては、描写不足などを補おうと加筆すると少し後でその描写をしていたりとか。
古い作品に手を加えようとすると、結局、行きつ戻りつしてしまうことがあります。
その意味では、やはり効率が悪いのですよね。

あるいはいっそのこと、全文書き直したりとか……。
まあ、私の場合は、何度かやったことがありますけれどね。
ただ、それも良いものが出来るかというと、そうでもないですし。

そう考えると、いっそ割り切って、新作を書くのが一番なのですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

早めに仕込みは済ませておいたものの

少しばかり酔狂なことをして、その仕込みは終わっているのですけれど……。

そういえば、詰めの確認をしていなかったのですよね。
せっかくしたのですから、もう少し徹底しても良さそうなのですけれど……。
詰めが甘いのが、私の悪い癖です。

九割全力でとりかかったのに、最後の一割で脱力するというか。
昔から、そうなのですよね。
あとほんの少しだけ手をかければ、最高になるというのに。

うーん、何をするにしても、そういう部分がどうしても手落ちなのですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

とりあえず簡易型の保険には入りました

保険に入ろう入ろうと言って、早一年。
結局、何も入らないでいる状態が続いていました。
やはり、保険って高いですからね。

それでも、先延ばしにしていたら、また必要なときが来てしまいかねません。
そんなわけで、とりあえずは安いものに入りました。
ちなみに掛け捨て……のようなものですね。

本当は、配当型の保険が良いのですけれどね。
ただ、少し保険料が合わなかったというか。
それに、下手な保険会社の場合、配当型はリスクが高いですし。

とはいえ、月々の支払いはありますし……。
そのことを考えて、少しは節制しないといけないですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

一応、ファンタジア二次落ちを改稿したものを出しています(と先に言っておきます)

GA文庫大賞では恒例の編集部ツイートが始まっているようです。

とはいえ、呟いている編集者さんは今のところ、おひとりだけのようですけれどね。
年末ですし、色々と忙しいのでしょう。
例年も、この時期はまだ呟きが少ないようですからね。

ちなみに、私の例のアレが呟かれたのって……何年前でしたっけ。
あれも、たしか年末というか、大晦日あたりでしたよね。
それも比較的早いほうなわけでして……大体、年明けから増えるのですよ。

あっ、ちなみに私が今回出したのは、ファンタジア二次落ち作品なので。
呟きで『○○もの』とジャンル分けされると、特定が容易になってしまうのでしょうね。
最近は、あまり特定されるような書き方はされないようですし……まあ、呟かれることはないのではないでしょうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

短編ではなく中編になっていたので

ファンタジア大賞、今回は特別に短編賞があります。

短編のストックはあるので、それらを確認していたのですけれど……。
どうにも、一番で気が良いものが、応募規定に合わないのですよね。
なので、今現在、削っている最中です。

うーん、それにしても、ちょうど良い長さのものが少ないですね。
良さそうなものが、短すぎたり長すぎたりするわけでして。
また、その他諸々、規定に合わないものもあるので。

結局、一作品や二作品、出せるかなといった程度でしょうかね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

一週間だけ、兄が帰ってきました

台湾にいる兄が、一週間だけ休みを取って返ってきました。

もっとも、正月が近いから……というわけではないようです。
単純に、ここが一番休みが取りやすかったからということのようでして。
夏や秋だと、台風がありますからね。

もっとも、返ってきたといっても家でのんびりしているわけではなさそうです。
ほとんどの日が、友人や知人に会いに行くようですね。
うーん、そのあたり、私よりもずっと社交的な兄らしいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

来週からは一番忙しい時期に入る……ハズ

師走も後半戦で、色々と忙しくなってくる頃合いです。

とはいえ、どのぐらい忙しくなるのか、よく分からない野毛現状なのですけれどね。
まあ、このあたりはいつも通りというか何というか。
しかし、うーん、本当にどれだけの忙しさなのか。

もっとも、昨年や一昨年を基準に考えれば……。
私の場合、一番忙しいのは一月から二月の初めあたりにかけてなのですよね。
そのあたりは、上手く体調管理をしないとなりません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

電池切れっぽい?

腕時計が狂っている……と思ったら、どうやら電池が切れかけているようです。

太陽光電池なのですけれど、冬場は偶にこういうときがあります。
太陽の光が弱いですし、長袖なので隠れてしまいますし。
意識的に充電しないと、電池が切れかけるのですよね。

また、買って衣から、三年ぐらい経っているはずなので……。
もしかしたら、充電池の寿命が来ているのかも知れません。
場合によっては、メンテナンスに出す必要がありますね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

アクション面は最高の出来だと思います

この間、仮面ライダーの冬映画『平成ライダージェネレーション』を見てきました。
以下、具体的な内容には言及しませんけれど、感想です。


【“アクション面は最高の出来だと思います”の続きを読む】

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

この間から少しずつ、バルバトスを作っています

そういえば、私、あまりリアルガンダムを組み立てたことがなかったのですよね。

えぇと、冒頭から、年代がばれてしまうような発言でしょうか。
それなりには組み立てていると思うのですけれど、SDが多いのですよ。
まあ、そのSDについても、一時期は完全にノータッチだったのですけれどね。
(『武者○』から『三国伝』あたりが、色々と空白地帯)

特に、HGの類となると、実は百万式しか組み立てていなかったりします。
そして、今回、HGのバルバトスを作っていて思うのは「MGの方が、組むのが簡単では?」ということです。
もちろんパーツ数は、MGの方が多いのですけれど……やはりMGの方がパーツが大きいので。

MGの方が色再現度は高くて、彩色の必要もないですからね。
置き場所などを考えなければ、基本、MGの方が初心者~中級者には良いような気がします。
いえ、何が言いたいかというと……SDを組むときのような調子でやっていたら、パーツを少し抉ってしまったので。
……大きいことは良いことですよ、ええ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

無駄遣いを減らさないとなりません

最近、出費が多いです。

もちろん、大体は必要なものなのですけれど……。
入ってくるものが少ない以上、出口はしっかりと閉めなければなりませんね。
あまり必要でないものは、買わないようにしないと。

特に、今年は本の類で、かなり出費しましたね。
置き場所にも困っていますし……。
このあたりを、もっと考えなければなりません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

完成した後の調整こそが、一番面倒くさいわけです

ただ単に動くように作る……というだけなら、簡単なのですよね。
問題は、そこからいかに良くしていくかということです。
そしてこれが大変であり、同時にセンスのいる作業でもあるわけです。

もっとも、世の中には動くまで作ることが出来ない方の方が、圧倒的に多いのですけれどね。
その意味では、まあ、動くところまで作れただけでもひとつの山は越えているのでしょう。
ただ、ユーザというかプレイヤというかはなどは、それは『当たり前のこと』ととらえているわけでして。
だからこそというべきか、やはり、その後の調整が重要なわけです。

このあたり、小説を書くときにも同様のことが言えますよね。
実際の所、完成さえさせられない人の方が大多数なのです。
それでも完成させられる人間が一定数あるのも、事実なわけでして。
そうなると、あとはもう、完成度の高さを比べられてしまう段階になるわけです。

全体の数パーセントの、さらに数パーセント。
そういう勝負ですから、本当、絶望的な戦いなのですよね。
それでも、人をバカにする割りに大言壮語で完成させられないような幾人もの輩には負けたくないので……とにかく作るわけですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

気のせいでも何でもなく、ティラノビルダーが重いような

どうにも、以前のメジャーアップデート以降、『ティラノビルダー』が重いです。

    *****

具体的にどのタイミングで重いかというと、
 ・シナリオの読み出し
 ・データの保存
 ・プレビュー(領域選択ツールなども含む)
 ・テストプレイ
……などの時ですね。

まあ、ティラノビルダーの仕様上、これらの時に重いのも仕方がないのかなとは思いますけれどね。
それというのも、データ保存の際にシステムデータを更新したり、フォルダの構成変更(※ビルダーは画像の先読み処理などを自動で作成したりします)などをするようなので。
また、テストプレイやプレビューの際は、途中実行をエミュレートするために色々処理しているようです。
あるいはsteamへデータを送る(※作成したゲームのフォルダはsteamのゲームデータ保存用フォルダ下にある)時に不都合が生じている……という可能性もありますね。

データ保存を頻繁にしなければ、あまり気にならないのでしょうけれど……。
バックアップ魔の私は、都度ごとに保存するので、ストレスがたまります。
うーん、前のバージョンもそれなりに重かったですけれど、ここまでではなかったはず。
このあたり、要望を出しておいた方が良いのでしょうか?

でも、ソフトを軽くするのって、口で言う分には簡単ですけれど……結構大変(場合によっては全ての箇所のコードを書き直すことに)なのですよね。
そして、労力の割りに分かりにくいですし、本当にこれをありがたがってくれる人が少ないわけでして。
なかなか、開発者さんの側も取りかかりたくないところですよね、本当。
もっとも、他の制作ツールである『ウディタ』なんかは……そのあたり、かなり重要視して丁寧に作り込まれている(開発者当人が「動作が遅いのは積もり積もって使用者の貴重な時間を奪う害悪」という意見)のですけれども、WOLFさんが特殊なだけなのでしょうね、多分。

    *****

ちなみにに他の不具合として、
 ・立ち上げ時にしょっちゅうフリーズする(※多分、stemとの兼ね合いもある)
 ・文字表示などのプレビュー窓が正常に表示されない(下手に調整しようとするとビルダーを再起動しなければならなくなる)
 ・うっかりと画像ファイルのドロップ位置を間違えると悲惨なことに(ビルダーを再起動しなければならなくなる)
……というのも初期からあるわけでして。

特に後者ふたつは『保存に時間がかかる』と合わせ技で、『直前の作業データが消える』という最悪のケースを生みます。

特に窓まわりの不具合って、多分windowsとmacでウインドウまわりの処理や挙動が違うのですよね、これ。
開発者さんは、たしかmacユーザなので、気付いていない可能性があるのですよ。
というか、私のように、不具合報告をちゃんとしないのが多いから……というのが最大の理由のような気もしますけれども。
もっとも、変な報告の仕方をすると開発者さんの負担になりますし、それを考えると不具合報告ってかなり大変なので……。
(『こういう変な記事を書く暇があるのだったら、ちゃんとデータや資料をそろえて公式へ不具合報告する暇はあるだろう』といわれればそれまでですけれど、やはり公式への報告はとても神経をすり減らすのでハードルが高いのですよ)

ティラノビルダーは……うーん、そのあたりもっと頑張っていただけるとありがたいかなと。
バグはもちろんのことですけれど、動作が軽くなるというのも、是非とも改善していたあだければなと。
状況によっては一分近くかかるとか、かなりの負担です。
ともあれ、それらの動作まわりって『誰でも簡単に作れる』というティラノビルダーのコンセプトとトレードオフではないはずですし……本当、頑張っていただければこれほどありがたいことはないなと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

『コンピューターで「脳」がつくれるか(通称:かずー氏の本)』を読んで

ブームも過ぎた頃だと思ったので、『コンピューターで「脳」がつくれるか』を購入。
先日、読み終わりました。



一部ネット界隈で有名な、かずー氏の書いた本ですね。
機械化学習だとか、ディープラーニングだとか。
そういう単語に多少でも興味がある人にとっては、オススメできるでしょう。
それらの分野の入門書を目指し、可能な限り平易に書かれたものですので。

いえ、本当、あの分野の専門書は読みにくいものが多いのですよね。
延々と脳科学について語っているだけの本もあれば、哲学書の間違いなのではないかというものだったり。
あるいは読みにくい翻訳本が多く、そもそも種類も多いとは言えませんでしたから。
汎用人工知能の分野って、正直、研究している当人たちもよく分かっていないのではないかという疑惑もあるわけでして。

もっとも、あくまでも入門書なので、これを読んで『人工知能』が設計できるはずもありません。
NNやSVMなど、実際のアルゴリズムの理解を深めるには、他に良い参考書が多くありますしね。
数式やアルゴリズムの例示が良いものほど、何故か日本語が不自由だったり、不必要に難しく書く傾向があるのですけれど……まあ、専門書というのは、そういうものですから。
そのことを考えれば、この『かずー氏の本』は、そういう入りにくさを解消する意味では画期的であると思いますね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

この人はまた……と思うこと

前にも書いたことがありますけれど……。
twitterなどでフォロー数がフォロワー数を大きく上回っている人って、トラブルを起こす傾向がある気がします。
あくまでも傾向であって、そうでない方もたくさんいらっしゃいますけれどね。

もちろん、付き合う人間が多ければ、トラブル件数も必然的に増えるものでしょう。
分母が違えば、全体的には増えるわけですし。
ただ、やはりそれだけでない気もするのですよ。

フォロー数が多いから、トラブルを起こしやすくなるのか。
それともトラブルを起こしやすい人ほど、多くの方をフォローする傾向にあるのか。
どちらかなのかも知れませんし、あるいは両方ともなのかも知れません。

ただ、それがどちらなのであるにしろ……。
さすがに私の知る限りでも三人も四人も深刻なトラブルを起こしているのを見ると、ですね。
本当、人格に問題があるといわざるを得ないのが、残念なところですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

来年のカレンダーがありません

昔は、カレンダーは買わなくても良かったものなのですけれどね。
ここ最近は、カレンダーを配る方も少なくなったようでして。
数年前から、時折、買うようになっています。

やはり、昔よりも不景気だからなのでしょうか。
あるいはカレンダーを飾る人が少ない……ということもあるのでしょうかね。
たしかにスマホなどにカレンダーはあるわけですけれど……パッと目につくところにあると便利なのです。

そういえば、ドラゴンマガジンには毎年、カレンダーが付録で付きますよね。
来月発売の合に、今回も付いてくるようですけれど……。
うーん、さすがにあれを飾る勇気はないですね。

そもそも、キャラクターもののカレンダーって、どこか見辛いですし。
ポスターとしての機能が優先ですよね、ああいうのは。
私はもう少し、実用的な方が好みなので。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

大掃除をしなければならないわけですけれど

やはり、本が増えすぎですね。

もっとも、半数以上がラノベなのですけれどね。
ただ、最近はマンガの類も増えていますね。
それ以外の書籍も、そこそこありますし。

特に、場所を取っているのがドラゴンマガジンでしょうか。
うーん、いくらか処分しても良さそうなものですけれどね。
とはいえ、なかなか希少なものもありますし。

何を処分して、何を残すべきか。
少し、考える必要がありそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

そういえばバルバトス(何故か第一形態)のプラモを買っていましたけれど

この間、安かったのでガンダムバルバトスのプラモを買っていたのですよ。
それも、ルプスでも第六形態でもクタンブースターでもなく、通常のを。
ただ、私はグシオンリベイクの方が好きなのですけれどね。

何故か知らないですけれど、私がプラモの類を買う時って、好きなもの以外を買うのですよ。
アリオスが好きなのに、ヴァーチェを買ったり。
頑駄無大将軍の方が好きなのに、騎士ガンダムを買ったり。

本当、何故でしょうね。

ともあれ、このバルバトス……いつ組み立てましょうか。
今月はお仕事も忙しくなってきましたし、年末年始で時間が空いたときとか。
まあ、逃げるわけでも腐るわけでもないので、ゆっくりと考えます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

今年の十二月は予定が多めです

非常に珍しいことに、24日の予定も埋まっていますね。

ただし、別に色恋ではないですけれど。
単純に、家庭内の事情です。
うーん、そういうあたりが、何とも……といったところですけれど。

本当、来月で三十路ですよ。
もうすぐ、二十代が終わるのです。
人生も三分の一ないしは半分近くが終わってしまったということで……うーん、実感がないですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

マニアックすぎて不親切かなという印象

今現在書き進めている作品、少々、マニアックすぎるかも知れません。

知識があることを前提として書いてしまっているので、そうでない人が楽しめないというか。
いえ、まあ、あまり大多数の人に迎合しすぎても面白くなくなるのですけれどもね。
いずれにしても、このあたりは書くときにいつも迷います。

やはり、誰が読んでも面白い……というのは、不可能なのですよね。
もちろん、誰もが読みやすい文章というのは、あるにはあるのですけれど。
ただ、それをすると、一番表現したい面白さがなくなってしまうことは往々にしてあるわけです。

とはいえ、ライトノベルと呼ばれる類の作品は、可読性を優先すべき面も多いので。
そう考えると……うーん、どれだけ読みやすくするかですよね。
本当、このあたりのバランスは難しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

GA文庫大賞は締め切ったようですけれど

何故か、今回は応募数が減ったようですね。

ファンタジア大賞などが減る中、GAは堅実に増やしていたはずなのですけれど……。
やはり、業界全体が縮小しているのでしょうか。
電撃も、件の騒動を抜きにしても大きく減っている印象ですし。
今、応募数が増えている所ってあるのでしょうか。

もっとも、分母が小さくなったからといって、簡単にデビューできるわけではないのでしょう。
むしろ、応募者数の減少は購買数の減少とも相関関係がありそうですし。
その意味では、むしろ受賞数を減らすなりといった措置が執られる可能性もあるわけでして。
あるいは仮にデビューできても、部数が伸びなくて……ということにもなりかねませんし。

その意味では、もっと増えるようにならないとなりませんよね。
ライトノベルの類は、応募層と購読層に相関があると、しばしば言われますし。
出版社の方々には、頑張ってもらいたいものです。
えっ、そういう私はGA文庫を買っているのかですって? ……そういえば、ニャル子さんが完結してから、一冊も買っていませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

短編で終わらせるか長編に仕立て直すか

何となく書き始めたものが良さそうなので、とりあえず書き進めています。

目標としては、ファンタジア大賞に出すと言うことですけれど……。
今回、特別に短編賞もあるのですよね。
そのことを考えると、短編としてまとめても良いのかなという気がします。

もっとも、長編の弾がないのも事実なので……。
場合によっては、このままどんどん書き進めていって、長編にするのもありかなと。
大体、短編については、DMに掲載されるという以上の特典はないですし。

まあ、いずれにしても、しっかりと書き切らないことには始まりませんけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン