何だか色々と聞いていないことがさも説明したかのように言われると

人間、思い込む性質があるから怖いものです。

多分、当人としては問題ないと思い込んでいるのでしょうけれどね。
何の説明も何もなかったのに、あたかも既に周知しているかのように話されたり。
誰もそんなことは言っていないはずなのに、何故か文句を言われたと思い込んでいたり。
あるいは複数の人間が何度も苦言を呈しているのに、まるでそれらを理解していなかったり。

どうにも、そういう人って、多いのですよね。
そしてこういう人が権力や立場があると、なかなか面倒なものです。
力がない人間だったら「しょうがない人だな」と、受け流せるのですけれどね。
たしか『仮面ライダー鎧武』でも、そんなようなことを喫茶店(パーラーショップ?)のマスターが言っていましたっけ。

本当、ある程度の立場にいる人は、その責任と義務を意識しないとならないですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

一昔前の家電量販店のような

最近、ネット通販サイトの競争が過熱している気がします。

楽天が異常なポイント還元を開始したのに対し、yahooが10倍ポイントを敢行。
これと似たような光景、どこかで見たような気がしたのですよ。
よく考えるとこれ、十年ほど前の家電量販店のポイント競争と同じですね。
時代は繰り返すと言いますけれど、まさにそれでしょうか。

十年ほど前はどこもかしこも、家電量販店が新規オープンしていましたっけ。
ただ、競争が激化した結果、今ではかなり減ってしまいましたけれどね。
さくらやは潰れ、コジマはビックに吸収され、石丸電気はエディオンに。
覇権を争ったヤマダとエディオンも、うちの近所だと店舗がかなり減りました。

十年後には同様に、増えすぎたネット通販も大量絶滅を迎えるのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

そういえば、あと一ヶ月ぐらいで結果が出るのでしたっけ

ファンタジア大賞、一次選考結果発表まであと一ヶ月ほどです。

本当、昔の『結果が出るのが一番遅い賞』と言われていた時代とは、まるで違いますね。
締め切りが一ヶ月前ですから、一次選考が約二ヶ月。
まあ、一次は通っていたとしても、まだまだ先は長いのですよ。
とはいえ、私の場合、その一次通過率が低いのですけれどね。

ところでファンタジア大賞のマイページ、前からバグっているのですけれど……。
これも、いつ直すのでしょうかね?
まあ、さほど害はないので、特に問い合わせはしていませんけれど。
応募済み作品のページ、切り替わらないのですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ここ数ヶ月で書きかけている長編がむっつほど……

うーん、なかなか長編がまとまりません。

数えてみると、ここ半年の間に書き始めて、止まった長編が六つです。
また、ここ半年で言うと、仕上げた長編は二つほど。
つまり、四分の一しか完成していないのですよね。

手が止まるのは、つまらないなと思って……ということが多いでしょうか。
先の展開を考えていなかったので書けなくなったというのも、いくつか。
あとは何よりも、何となく気が乗らない……といったところ。

基本、創作は気分ですね。
良いも悪いも、大体が気分です。
誰かに頼まれたことならともかく、自分のためにやるとなると、かなりいい加減になりますからね。
その気分を上手く調整できるようになるということが、あるいは『上手くなる』ということかもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

面白いものは面白く、つまらないものはつまらないわけです

自分の書いた過去作品を読み返してみると、やはり面白いものは面白いです。

もちろん、自分にとって面白いと思えるものを書いているので、面白いのは当たり前なのですけれどね。
ただ、それでもやはり、出来が悪いものはつまらないものです。
また、自分が面白いと思うものが他人も面白いと思うかどうかは別問題です。
さらにそこに売れるか売れないかなど、商業的な意味が入ってくると、また評価が変わるものなのでしょう。

とはいえ、売れる売れないに関しては、時代や場所によって変わりますからね。
そうなるとやはり、下手に売れるものを意識するより、自分が面白いと思えるものを書いた方が良いのでしょうね。
そうしていればそのうち、運が良ければどこかに引っかかるだろうなと。
もっとも、そうして気付けば十年以上が経っているのが私なのですけれどね。

大体、売れる売れないを考えるのは作家というよりも、編集者さんや営業さんのお仕事ですし(読み手を意識する必要はありますが)。
まあ、プロの方々を見る限り、それをサボっている編集さんや営業さんというのも散見されますけれどね(子供のお使いしかしない編集者さんもいるとか)。
ともあれ、KDPなどの『自分で書いて自分で宣伝して自分で売る』というのなら、確かに必要でしょう。
しかしそうでもない限り、書く方がそういう面ばかりを考えていると、本末転倒なのですよね。

そんなわけで、今日もまた、売ることを意識しない作品を量産していたりします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

三月も終わるというのに寒い日が

三月も、あと一週間ありません。

そのわりに、まだ寒い日があるようですね。
最高気温が十度を下回ったりと、春が遠いです。
予報では、さすがに一週間後ぐらいは春らしくなっていそうですけれど……。

まあ、個人的には暑いより寒い方が好きなのですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

春映画はいつ見に行きましょうか

仮面ライダーの春映画、今日から公開ですね。

とはいえ、春映画は基本的に外れです。
昨年の『仮面ライダー一号』はも、良くも悪くも井上脚本でしたし。
まあ、期待せずに見に行くことにします。

ただ、見に行くにしても、いつ行くかですね。
来週、ちょうど映画の灯のようですけれど……。
土日で映画の日って、混んでいますからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

下手に手を加えて「これじゃない」となるよりも

推敲の類って、なかなか難しいですよね。

手を加えると、むしろバランスが崩れてしまうものでして、特に私はその傾向が強いのです。
時間をかければ良いというものでもなければ、加筆すれば良くなるというわけでもない。
そのあたり、塩梅が難しいですよね。

まあ、世の中には、とにかく時間をかけたり書き足せば良くなると信じ込んでいる方もいるようですけれど……。
そんな単純なものであれば、誰も苦労はしないわけでして。
勉強にしろなんにしろ、量が多ければ良いというものではないのですよ。

まあ、それでも、最低限必要な量はありますけれどもね。
ただ、それはあくまでも最低条件でしかないわけでしかないですし。
また、それだけやれば必ず結果が付いてくるわけでもありません。

本当、物事をなすとは、ただやれば良いというものでもないのが大変です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

次の春アニメは……(と言ってしまっている時点でお察しください)

今月で『鉄血のオルフェンズ』も『絶狼』も終わりますね。

さて、そうなると四月からは、何を見ることになるのでしょうか。
今のところ、うーん、特に見たいものもないですね。
基本、アニメは見ても見なくても、どうでもよい性質なので。

大体、継続的に見るのって、なかなか労力がいりますからね。
本当に怠惰な人間であるなら、アニメすら見続けていられないわけですし。
その意味で、多くのアニメをチェックする人たちって、本当にすっごーいと思います。

……などということを、気がついたら三ヶ月置きに書いているような気がしますけれど、はてさて今期はどうなることやら。

2017.03.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

下手に手を加えると完成しているものが崩れるので

短編として書いた作品に加筆しようと思っているものの、なかなか難しいです。

そもそも短編として完成させている以上、それで一番良い形にまとまっているものですからね。
そこに加筆しようとすれば、必然的に完成度は下がります。
もしも完成緒dが上がるのだとすれば、それは短編として完成していなかったということでもありますしね。

ともあれ、こういうとき、下手にかさを増やそうとしても仕方ないのですよね。
取り得る手段としては、連作形式にしてしまう……などでしょうか。
とはいえ、そちらにすると続ける作品の完成度が劣ると、ちょっとガッカリです。

結局こういう場合、下手に楽をしようとせず、新しいものを書いた方が良いのですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

chromeは使いたくないわけで

ここ数年、Webサイトなどで『google chromeでないと動作しません』という馬鹿のひとつ覚えものが増えています。

これ、『動作確認しているのがchromeだけだ』というのなら、まだ分かるのですけれどね。
何故か馬鹿丁寧に、chromeでないと動作しないようにスクリプト組んでいたりするのことがあるのが困りもの。
webサイト作成者として、自らの無能をさらけ出しているようなものなのですけれどね、それは。
chromeでしか動かないということは、つまりHTMLなりJavascriptなりの標準ルールを無視した作りになっているということでして……『chrome専用』と銘打ちつつも、件のchromeがアップデートされたときに使い物にならなくなる危険がある(要はchromeでしか動かないということは、それ自体がchromeのバグ or 予告なしに変更され得る仕様だということ)わけですから。

大体、chromeって、かなり危険なソフトですから入れたくないのですよ。
今は入れていないので、最近はどうなっているかは知りませんけれど……。
どうにも無制限にCPUに負荷をかけるようでして、よっぽど重いソフトを起動しても問題ない私のPCが、猛然と冷却ファンを回し続けるのですよ。
また、勝手に常駐してPC全体の動作を遅くしたりと悪さをする様は、まさにウイルス的な動作というかなんというか。
(どこかしらの設定をいじれば抑制できるのでしょうけれど、そこまでの手間をかけて使いたいものでもなかったです)

ともあれ、同様のことは実は以前にも書いているのですけれど……。
最近、また、『chrome専用』に当たって、嫌な思いをしたところでしたので。
正直、あれだけ危険なchromeが支持されている理由って、何なのでしょうかね?
使っていないので、いまひとつchromeでなければならない理由が分かりません……どなたか、chromeが優れている部分、教えていただけないでしょうかね?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

年金が高いなぁと

年金の額、年々高くなっていきますよね。

最近は出費がかさんでいることもありますけれど、それにしても年金の額が痛いです。
貯金を見ると、ジリジリと減っているのですよね。
まあ、収入自体が減っているのもありますけれど……。

うーん、これはまた、何か大きな出費があると厳しいですね。
PCが壊れたりしたら、かなり危ないです。
まあ、まだあと何年かは使い続けたいものですけれど……。

本当、他に何らかの収入が無いと、厳しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

簡単に処分できないものが溜まっています

お仕事状での各種資料が溜まっているのですけれど、なかなか処理に困ります。

資源ゴミに出すわけにはいかないので、手間がかかるのですよね。
まあ、気にせずに捨てている方もいるのかもしれませんけれど……。
なかなか、そういうことはできませんからね。

ゴミ箱あさりをする人間が、どの程度いるかということです。
けれど、万が一を考えなければならないのが、お仕事というものです。
そうなると、処分するにしても少し期間をおいてとか、色々考えるわけでして。

とりあえず、箱いっぱいに溜まってしまっているこれ、何とかしたいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

基本、電撃小説大賞は眼中にありませんけれど

どうにも電撃文庫に魅力を感じられない性質なので、電撃には滅多に出しません。

ちなみに私のそういう性質は、判官贔屓というかなんというか……。
とにかく、売れ筋のものや一番人気のものが嫌い……という、天邪鬼なのですよね。
まあ、私が手を出した電撃文庫作品が、ことごとく趣味に合わなかったということもありますけれど。

そんな電撃小説大賞ですけれど、先日、web登録ユーザにメールが来たようです。
どうやら、応募しないとユーザデータが消去されるとか何とか。
まあ、消されたところでどうと言うことはないですけれど、何となく嫌なので。
それで仕方がなく、適当な短編を出しました。

ちなみに、ファンタジア大賞の投稿システム不具合で応募できなかった作品です。
これで、まかり間違って受賞なんてことになったら、富士見書房さんはとんだ笑いものですけれど……。
まあ、そこまで自身のある作品でもなかったからこそ、応募できなくても「別に良いか」で済ませていたものですからね。
本当、記念として出す以上の意味はないですよね、これだと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

これは資料用でして……

ついつい、『小林さんちのメイドドラゴン』を全巻、買ってしまいました。

いえ、これは資料用なのですよ(力説)!
この間、自作小説の過去作品を漁っていたら、似たテーマの未完成品があったので。
二番煎じのようになってしまって、印象は悪いですけれど……。
いっそのこと開き直って、『メイドドラゴン』を参考にしようかなぁと。

あっ、ちなみに『小林さん~』の中で私が好きなキャラは、もちろんファフニールさんですよ。
滝谷くんと同棲しているあたりとか、ツボです。
ルコアさんとかも、なかなか良いキャラクタですよね。
あと、トールと小林さんは脳内フィルタで男体化してから見ると、それはそれで良いです。┌(┌^o^)┐

それにしても、原作を読むと分かるのですけれど……。
これ、アニメ版は原作とかなり違うのですね。
話の順序を入れ替えたり、分割して他の話と合わせたり、オリジナルを加えたりが多いです。
ただ、その割りに原作の雰囲気はちゃんと再現しているあたり、スゴイですね。

2017.03.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

実質的に三、四ヶ月に一作品ペースです

長編小説を書くのには、どうしてもかなりの集中力を必要とします。

何だかんだで、やはり、実質的には3~4ヶ月に一作品ですよね。
書き上がるだけであれば、最短四日で書きますけれど……。
やはり、それを書くまでの積み重ねや構想に、結局はかなり時間を取られます。

ちなみに、先月、一作書き上げたので……。
その発想で行くと、今月中に一作品上げるのは、少し難しそうですね。
不可能ではないのかもしれませんけれど、質がかなり落ちると思います。
森博嗣先生なども、書き上げた後は二週間以上、作業をしないらしいですし……。

まあ、この機に、色々と充電しておきたいものですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

コメディは計算しない方が有利であるものの

そもそも、長編小説の場合、コメディは不利なのですよね。

たしかに不可能ではないですし、それで上手くやっている例もあります。
それでも、小説という媒体の場合、表現できることは限られるので。
そういう意味では、多分、相性は悪いのですよね。

今悩んでいるのは、コメディを書くかシリアスを書くかということです。
そしてコメディというのは、特に「書ける」と思ったときに書かないと、上手くいかないことが多いので。
そうなると、うーん、今はコメディの方を書いた方が良いのでしょうかね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

本の置き場所に(以下略)

さすがに、何らかの対策を打たないといけない気がします。

全然、読まなくなった本もありますからね。
その手のものは、そろそろ処分した方が良いのかもしれません。
特に『犬夜叉』とか、かなり邪魔ですね。
(しかも、微妙に全巻揃っていない……)

とはいえ、それだけ処分しても、まだまだ山のようになっています。
うーん、どうにかしないことには、かなりまずいですね。
古本屋で売るなり何なり、少し検討した方が良い段階かもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

何か目的があって買いに行ったのに別のものを買ってしまう現象

目的のものを買わず、別のものを買ってしまうことが、よくあります。

これ、どういう心理的な要因によるでしょうかね。
特に私の場合、趣味嗜好のものが多いのですよね。
好きなものを欲しいから買いに行ったのに、そうでないものを買ってしまうという。

これが、例えば夕飯のお買い物などであれば「こっちの方が安かったから」などの理由もあり得るのですけれど。
本当、何故なのでしょうかかね、これ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

何だか色々とズレているなぁと思うことが

世の中、手段が目的に成り代わっている人って多いですよね。

あくまでも何らかの目的があって、その手段がとられているというはずなのに。
何故か、その手段をなすことに満足して、目的を見失っているという具合です。
そういうことを見ると、何だかなぁと思うわけです。
もちろん、偶にそこから何かが生まれることもありますけれど……それはあくまでも稀な例であって、その偶然をして正しいと言い張るのは『帰島したから雨が降った』というのと同様の偶然やオカルトです。

また、場合によっては、そもそもからして目的を理解しないでいる人もいるわけです。
この場合、手段を目的と勘違いしているので、性質が悪いですよね。
例えば学問というのも、研究者の類を目指すならそれが目的です。
けれど、大多数の人はそうでないですから、それはあくまでも手段なのですよね。

あとはそれと逆に、必要なことを不要だと勘違いする例もありますよね。
意味があるからしていることなのに、それを理解できないから「不要だ」と切り捨てる人。
それで立ち行かなくなったとき、周囲の人間に「お前らが悪い」と言い出すとか。
そういうとき、「悪くなったのはあなたのせいでしょう」と思うわけですけれど、こういう人はそもそも理解できていないので指摘したところで馬耳東風(あるいは余計に悪化する)もので……そのせいで誰も何も指摘しなくなって、加速度的に悪化していくのですよね。

……などと、少々、愚痴を書き綴ってみたりなどします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

書けると思ったときに書き切ってしまわないと

思い立ったが吉日……とは、よく言ったものです。

いつだかも書いた気がしますけれど、書けると思ったときに書かないと、ダメですね。
基本、そのときが一番、物語の流れを把握しているはずですから。
何よりも、書こうと思ったそのときこそが、一番集中していてやる気があるものです。

時間が経つと、粗に気付くことができるものの……。
だからこそ、手も止まってしまいがち。
下手に考えすぎたりせずに、ある程度は形にする方が吉なのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

主人公を殺人者ないしは犯罪者にすれば物語として良い感じなのですけれど

問題は、それをするとまた『読者の共感が~』と指摘されそうだということでしょうか。

たびたび書いていますけれど、私としては、物語は必ずしも読者が共感できる人間でなくてもよいと思うのですよね。
むしろ、私は自分とは異なる価値観や生活観を体験できる方が好きなのですよ。
もちろん、共感型主人公の方が色々な面で強みがあるのは分かります。
それこそ非共感型であったとしても、どこかしらに共感できる部分があった方がのめり込みやすいのでしょう。

ただ、何故か世の中には、自分の理解できないものが少しでもあると発狂する人がいるようなのですよね。
そして、そういう人間に合わせて『共感できるキャラでないと駄目』という方がいるわけでして。
私としては、正直、そんな心の狭い人間を相手にする必要はないと思うのですけれどね。
そういう、ごくごく狭い価値観で固まってしまっている人に合わせると業界が偏向して、似たり寄ったりの作品ばかりになって市場が縮退してしまいますし。
(というか、既にそうなってしまっているとは山本弘先生や水野良先生をはじめとした、多くの作家先生が指摘されていますが)

昔が良かったなどという、ありきたりな台詞を吐くつもりはありませんけれどね。
それでも、せっかく(良くも悪くも)多用で面白かった業界が縮小するのは、読者としても悲しいです。
なので、せめてその一石が投じられれば良いなという思いも込めて……。
ここは、セオリーを無視した作品を書くのも一興かもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

プロットはそこそこ書けたものの

次の新人賞向け作品のプロットが、大体書けました。

ただ、これだと主人公の印象が弱いのですよね。
物語の展開はおおよそ良いのですけれど、何か物足りないのですよ。
多分、主人公が傍観者過ぎるのが悪いのでしょう。
最初から最後まで、内省的でありすぎて、動きがないですし。

小説の分野によっては、むしろその予報が良いのでしょうけれど……。
問題は、いわゆるライトノベルの賞に出そうとしている作品だということです。
どうやら、その手のジャンルは、読者が感情移入できるものでないと排除される傾向があるようですから。
とはいえ、これをそういう作品にすると、テーマからずれてしまう気がするのですよね。

作品としての完成度を取るか、応募するジャンルのことを考えるか。
応募するジャンルのことを考えて作品の本質を変えてしまうのって、何か違うと思うのですけれど……。
ただ、そう思ってしまうからこそ、全然、受賞につながらないのでしょうね。
本当、悩ましいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ファンタジア大賞、やっぱり応募作品数が少ないような

ファンタジア大賞、応募総数などがようやく発表されましたね

ただ、やはりというべきか……何か、減っていますよね?
短編やその他と合算してしまっていますけれど、長編の数が減っていますし。
短編にしても、一年前から告知していて、305本とは。

ちなみに、私は長編二本、短編一本を出しました。
ただ、本当はもう一本短編を用意していたのですけれど……出せなかったのですよね。
先日も書きましたけれど、規定を満たしているのに応募できないバグがあったので。
結局、問い合わせに返信もありませんでしたし。
(そもそも問い合わせ投稿フォームにもバグがあったのではないかと疑っています)

たしかにファンタジア大賞の公式ページは、数ある新人賞専用ページの中でも特に完成度が高いです。
けれど、今までにしても、色々と不備があったのも事実なので……。
うーん、本当、もう少ししっかりと管理した方が良いのではないでしょうかね?
応募者が不利益を……というよりも、最終的に不利益を被るのは富士見書房さんなのですし。
(もちろん、もっと酷いところはごまんとあるのですけれど……一応、大手ですしね)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ネットスラングで『君が 泣くまで 殴るのを やめない』というものがありますけれど

たしか、『ジョジョ』の台詞なのでしたっけ?
ネット上で一種の定型句となっているものに、『君が 泣くまで 殴るのを やめない』というものがあります。
これ、私としては、かなり生温い言葉だなと思うのですよ。

私だったら、本当に恨んでいる相手がいるなら、泣こうが喚こうが殴るのをやめないですね。
そして多分、大体の人間は同様に、憎い相手が泣いても殴るのをやめないことでしょう。
原作もアニメも、なにひとつとして見ていないですけれど……。
この台詞を口にしたジョナサンというのは、多分、心優しい人物なのでしょうね。

大体、世の中には殴られたわけでもないのに、泣く人すらいるではないですか。
それを考えると、かなり敷居が低いですよね。
あるいは、殴られているディオというキャラクタが、よほど普段は泣くことのない(泣くことを恥だと思っている)ような人間なのか……。

まあ、いずれにしても、私であればやはり『泣こうが喚こうが殴るのをやめない』ですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

そういえばファンタジア大賞の公式ページがまだ更新されていないようですが

例年だと締め切り後、2~3日で『おしらせ』の更新があるのですけれどね。
何故だか、今回、まだ更新がありません。
これ、多分、短編募集の方でトラブルでもあったのでしょうかね。

かくいう私も、締め切りの一ヶ月程度前に短編を送ろうとしたのですけれど……。
システムに不具合があるのか、応募要項を満たしているのに応募できなかったのですよ。
どうやら最低ファイルサイズの指定があったようなのですが、それがどう考えてもおかしいという。
多分、昔、一迅社あたりがやらかしたのと同じことをしているのではないかと思いますね。
(一ヶ月前だかに問い合わせを送ったのですけれど返信がない……というか、あの問い合わせフォーム自体がバグっている可能性も)

大体、可変長の文字コードという存在もあるのですから、ファイルサイズで測らないで欲しいなと。
富士見書房が……というよりも、システムを作った会社の責任ですよね、これ。
まあ、ろくなテストもしていないのは、それはそれで富士見書房側の責任でもありますけれど。

とはいえ、コンテストというものは、応募者よりも主催者側の利益のためにするためのものですから。
その意味では、一番被害を受けているのは富士見書房さんなのでしょう。
ただでさえ応募者数が減っているのに、こういうことをすると……多分、また、減りますよね。
ある程度持ち直してきたかと思ったら、こういうつまらないことでまた、評判を下げるのですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

どうにも夢見が悪いです

基本、夢を見るときは嫌な夢ぐらいしか見ないのですよね。

このブログでもよく書きますけれど、大体、見る夢の大半が『何かから逃げる』というものですし。
子供の頃から、全然、その傾向は変わらないです。
この間も、何故か銃器を持った人間から逃げる夢を見ましたし。

まあ、私の場合、大体が寝相に関係した夢を見るわけですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

切りの良いところまで投稿

先日も書いたように、動画の続きを投稿しました。
一応、切りの良いところまでです。
えぇと、あとはこの四倍以上ですか。

うーん、全て完了するのは、なかなか難しいです。
全然、編集らしい編集はしていませんけれど、それでもかなり時間がかかりました。
本当、動画を多数投稿されている方は、これだけの労力をかけているのですね。

ともあれ、他にもやりたいことがあるので。
とりあえず、切りの良いここまでに留めておきます。
せめて長編を一作品ほど仕上げてから、続きを撮影しようかなと。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

動画投稿といふものをしてみました

ふと思い立ち、実況動画(のようなもの)を作ってみました。

何の実況動画かというと、『鋼鉄の協奏曲』のプレイ動画です。
えぇ、あの『鋼鉄の協奏曲』ですよ。
先日、なろうで公開した『創作の協奏曲』作中作の元ネタです。
『創作~』内でも書きましたけれど、現在、ダウンロードできなくなってしまったので。

せめてプレイ動画という形でも、あの作品が存在したという爪痕を残そうと思ったのですよ。



この時代、ただ動画を作るだけであれば、簡単なのですよね。
適当にツールをダウンロードして、適当に切り貼りすれば良いだけなので。
問題は『題材探し』『完成度向上』『閲覧数を増やすこと』が難しいということです。
あと、大事なのは婚期……ではなく、根気ですね。

慣れてくれば、多分、サクサク作れるのでしょうけれど……。
こういうものって、慣れるまでにものすごく時間がかかるのですよね。
結局、下手すると長編一作品を書き上げられそうなぐらいの時間がかかりました。

それでいて、完成したものは、想定よりも短いので……。
うーん、こういうものって、本当、やってみないと分からないですよね。
想像以上の労力がかかるのだと実感しました。

今度から、色々な動画を見る目が変わりそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

ウォークマンの充電が大丈夫だと思ったら

この間、ウォークマンの充電を忘れていたのですよ。

それで、次は充電を忘れないぞと思っていたのですけれど……。
そしたら、今度はイヤホンを忘れるという失敗をしました。
うーん、以前の失敗を教訓にしていても、また新たなミスをするとは。

とはいえ、同じことを何度も何度も何度も繰り返す人が、世の中にはいますからね。
そういう例と比べれば、まあ、まだマシかなと。
そもそも私の場合、ウォークマンを聞くことが出来ようが出来まいがさほど問題ではないので。

単純に、優先度や重要性の低いものw忘れただけなので。
とはいえ、そういう物忘れということ自体、私としてはかなり珍しいことなので。
歳も歳ですし、色々と気をつけないとなりませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン