作りきった後の無気力感

ちょっと寄り道的に、ノベルゲームを試作し、完成させました。
もっとも、今のところ、諸事情で公開未定。
条件がそろえば、何らかの形で表に出したいですけれどね。

……が、小説にしてもそうですけれど、ひとつ仕上げるときが抜けてしまいます。
なんとか、気持ちを切り替えて、他のやるべきことへとモチベーションを上げていきたいところ。
共幻文庫の短編コンテストも、できることなら出したいですし。

しかし、公開するつもりのないゲームを仕上げるって……。
よく考えると、私、やっていることがおかしいですよね?
こう、無駄だと分かっていることに全力を尽くすというか、喜々として労力を割くことが多すぎます。

気分転換に、買い置きしておいたガンプラでも組み立てましょうかね。
あるいは、何らかの本を一気読みするとか。
無理をして書くことは出来ますけれど、それだと、よい作品にはならないと思うので。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2015.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン