お悩み相談されても、冷たい返ししか出来ないという悩み

まあ、私はそういう人間ですから、仕方がないのですけれどね。

他人に悩みを相談されても、基本的に、論理的かつ冷静な答えしか返さないわけですよ。
特に、相手の痛いところを的確に指摘する形になります。

もっとも、私などに相談する時点で、相手もそういう答えが返ってくると思っているでしょう。
その意味で、特に何も間違っていないわけですけれど……。
ただ、そうすると、自分で「ちょっと冷たい言い方だったかな?」と思ったりするわけです。

また、そういうことを思い始めると「これを言ったら嫌がられるだろうな」と思って口をつぐむしかなかったり。
あるいはそこで黙っていられず正直に言ってしまい、案の定、嫌われたり。
もちろん、それが功を奏することもあります。
本当、こういうものって、結果を見てみないと正解が分からないのが難しいですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2015.10.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン