そういえば、GA文庫大賞の選考って呟かれるわけですけれど

GA文庫大賞、編集者のツイートが増えてきているようですね。

私の作品が呟かれたかどうかは、さておき……。
編集長さんの呟きは、見ていて色々と面白いので、割と確認しています。
例年通り、よく呟かれる方と、そうでない方がいるようですね。

ちなみに、私の出した作品、多分、ジャンルを呟かれると確実に「これだ」と分かるようなものです。
いえ、まあ、公開したことのない作品なので……。
書いた私自身(と構成を手伝って下さった方)にしか、分かりませんけれどね。

まあ、そのあたりは……多分、ジャンルをぼかしてツイートすることでしょう。
仮に一次選考突破した場合、タイトルとジャンルを紐付けて特定できる作品ですし。
……別にそれで何か悪いことがあるかと言えば、特に何もないですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.01.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン