特に気にしていなかったものの、ファンタジア大賞一次発表まで一週間切っていますね

今回出したのは使い回し……のようなものだったので、あまり気にしていませんでした。
ただ、気がついたら、発表は来週ですね。
4月20(水)……だったはずですけれど、危うく忘れるところでした。

まあ、ただ、余所で一次落ちだった作品なので。
一次を通るかというと、どうなのだろうかという気もします。
多少の手直しはしましたけれど、あまり大きく手を入れたわけではないですしね。
(といいつつ、結末などは、まったく別物になっているのですけれど)

あと、少し話は変わりますけれど、この間締め切りの電撃小説大賞に滑り込みで出しました。
どうやらネット応募が解禁になったようなので、せっかくだからと応募してみた次第です。
ちなみに、電撃文庫はあまり好みでないので、今まで一回ぐらいしか出したことがありません。
ただ、だからこそ電撃大賞に出していない作品が大量にあるので……まあ、その中で適当なものをとりあえず送ったわけです。

もっとも、よく考えると、私の読書の好みと作品の傾向が一致するとは限らないですからね。
案外、電撃だと評価が良い……という可能性もあり得るかもしれません。
その意味では、これからは少し、電撃を視野に入れても良いかもしれませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.04.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン