ものすごく急いで書けば、GA文庫大賞に出せそうですけれど

5月20日あたりから、試しに書いている長編、今現在で80000文字ぐらいです。
10日で80000文字ということは、一日平均10000文字ということですね。
おおよそ、かなり調子が良いときの執筆速でしょうか。

これ、今月末のGA文庫大賞締め切りまでに、ギリギリ書き上がりそうな気がしますね。
もちろん、あくまでも最初から最後まで書けるというだけで、推敲ゼロになってしまいますけれど……。
とはいえ、チャンスを増やすため、それで出すのもひとつの手段です。
推敲ゼロは誤字脱字など、あらゆる点で欠陥が目立ちますけれど、唯一、勢いという点では推敲しない場合より勝ることが多いですし。
(※私の場合、頭を悩ませすぎて、推敲するとテンポなどがおかしくなることがある)

いっそ、一次選考落選のつもりでいて、その裏でファンタジア大賞向けに推敲してもよいわけですし。
まあ、一次選考落選する前提で出すのは迷惑だという説もありますけれどね。
そもそも、一次選考を通ってしまったらどうするんだという、別な問題もありますし。
(いずれにせよ、他のGA文庫大賞に出すつもりの方にとっては邪魔な存在でしかない)

もっとも、書き上がれば……の話ですし。
結局、最後の最後で上手くまとまらないということも、珍しくないので。
そのあたりは、とにかく書き切ってみるまで分からないですね。

    *****

なんて、下書きをしていたのですけれど……今、書き上がりました。

ということで、今日一日推敲します。
それで問題なさそうなら、今日中に、出してしまいましょうかね。
(=明日は時間がなさそう)

それにしても、気付いたら96000文字。
ページ数で言うと、109GAPでしょうか?
思ったより、長くなりましたね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.05.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン