古代と中世と近世が混じった無茶苦茶な世界観

内容に言及はしませんけれど、今回、GA文庫大賞煮出した作品はそんな感じです。

まあ、私、高校生の時は世界史Aしかとっていないので。
厳密には、理系だったので世界史Bがとれなかった……と言った方が良いでしょうか。
それも、世界史Aのはずなのに、Aの内容もちゃんとやらないような授業だった気が。
……高校の社会科って、そういうものですよね。

ただ、それにしても古代ローマのような国で、その割に中世ヨーロッパの封建制があったり……。

もちろん、「多分、おかしいんだろうな」ということは理解しながら書いていました。
極力矛盾はないようにしたつもりで、整合性には気を遣ったつもりです。
ただ、歴史を勉強している人が見たら、顔をしかめるのでしょうね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.06.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン