集英社ライトノベル新人賞の二次選考結果が発表されました

twitterでも呟きましたけれど、昨日、『集英社ライトノベル新人賞』の二次選考結果が発表されました。

どうやら、一次選考通過していた私の作品、二次選考も通過したようです。
まあ、小説新人賞って、受賞しなければ価値がほとんどないのですけれどね。
最終落ちだけは、辛うじて意味が違うこともありますけれど……。
あとは、四次だろうとなんだろうと、一次落ちと同じ程度の価値しかありません。

ちなみに、過去の集英社ライトノベル新人賞において、各選考突破作品は、
      一次突破  二次突破  三次突破  四次突破
 第一回 167作品  49作品    12作品   4作品
 第二回 200作品  51作品    11作品   3作品
 第三回 139作品  33作品    9作品    4作品
 第四回 181作品  30作品    11作品   3作品
……となっています。

そして今回の第五回が27作品ですから、例年よりも絞っていますね。
とはいえ、三次選考では10作品程度に絞られるのが通例のようなので……。
二次が少なかろうと、別に、有利なわけではありませんけれどね。
ここは最終以前に四次選考まであるので、二次を通過したというだけで一喜一憂もしていられません。

もっとも、小説新人賞の場合、送ったら後は何もやることはないのですけれどね。
三次選考の結果は一ヶ月後らしいので、それまでのんびりと待つのが吉なのでしょう。
そうして忘れた頃に、次の結果も出るのですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン