あと四ヶ月ちょっとで三十路を迎えるわけですけれども

昔から、漠然と「三十歳までには結婚したいなぁ」と思っていたわけです。
でも、気がつけば、もうこんな年齢になっているのですよね。
うーん、これは、なかなか危険ですね。
タイムリミットまで四ヶ月ですけれど、そもそも出会いがないので実質的に無理なのかなと。

結婚って、ひとりでは出来ませんからね。
相手がいるものですから、したいと思って出来るわけでもなく。
さりとて、いわゆる婚活というものを擦るお金もなく。
それ以前に、正規雇用でないという、生活上の危機があるわけです。

いえ、むしろそれならなおのこと、養っていただける方を見つけるべきだという向きもあるわけですけどね。
大体、毎年のように新たな体調不良が見つかって、病院に行ったり入院したりするわけですから。
無理のない生活を送らせて下さる方を見つけるなど、そうしたことも視野に入れるべきなのかも知れません。
などと書き出してみると……うーん、本当、我が身の情けなさが身に染みますね。

いっそ配偶者(庇護者?)となっていただけるのなら、男女関係なくても良いのかなぁなどと思ったり思わなかったり。
基本、配偶者は欲しいと思っても、恋人が欲しいと思ったことは一度もない人間なので。
男女の関係? というものも、あればあるで良いですけれど、ないならないで別に構いませんし。
いえ、まあ、性別非公開の人間が何を言っているのだということですけれどね。
(私、性別非公開ですよ、一応)

よし、いっそのことtwitterなどに『配偶者募集中』とでも! (※一番危険なパターン)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン