そこそこ書いた気がしても、まだ一〇〇〇〇文字

今ひとつ、ペースが上がりません。

書けるときは、一日で20000文字ぐらいですからね
数日かけて10000文字ちょっととなると、あまりペースは良くないでしょうか。
今までの時間をおおよそ十倍すると、書き上がるまでの時間が出るわけですけれど……。

うーん、なかなか、厳しいですね。
ひとつの目安として、GA文庫大賞に何か一本出せるようにしたいのですけれどね。
このままの調子だと、パスでしょうか。

まあ、この間もそんなことを言って、二週間で書き上げましたけれどね。
それも、八割方書き上がっていたものを放り出して、全く別の作品を書き始めて。
ついでに、それを二ヶ月連続で。
とはいえ、いつもいつも出来るのであれば苦労はしないわけです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン