ここ数年、毎年のように家族が入院だとか手術だとかしています

胆管結石の手術で入院していた父が、退院しました。
内視鏡手術ですし、失敗率も非常に低いものだったのですけれどね。
とはいえ、ごく稀に合併症を起こしたりなんだりということはあるので、とりあえずは一安心でしょうか。

まあ、私の父の場合、文字通りに身から出た錆なわけですけれどね。
他の病気を手術で治したからといって、暴飲暴食を繰り返していたわけですし。
せっかく母がちゃんと考えて食事を作っても、母に隠れて飲み食いしていれば意味もないわけでしてね。

なお、昨年は、私も手術をしたりしたのですけれどね。
虫垂炎とはいえ、夜間外来へ行って、緊急手術と入院でしたから。
手術何度が低い(それこそ研修医が執刀しました)とはいえ、開腹手術で臓器摘出術には変わりありませんし。
しかし、あれから一年が経つのですね……。

なお、転職のために受けた会社で、馬鹿正直にそういうことをつい言ってしまったのですけれど……。
それだけが理由でないにしろ、面接まで行っていたのに落とされたのですよね。
昔、他の所でも、体調不安の類を理由に落とされましたし。
うーん、厳しい世の中ですね、本当。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.10.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン