ローカル局で放送している『ウルトラセブン』をこの間から見ているのですけれど

今までちゃんと見たことがなかったので、せっかくなので『ウルトラセブン』を視聴しています。

しかし、『ウルトラセブン』は何というか……全体的にシュールです。
まあ、50年近く前の作品ですから、仕方がないのでしょうけれどね。
SF描写優先というべきか、話の内容がどこか緩慢です。
もちろんSF的な内容にしても、当時は先進的だった……ということを差し引いて見なければなりませんけれどね。

そして、現在視聴している第五話時点までで、強く印象に残ることとしては……。
本当、ウルトラセブンは、人間大であることが多いウルトラ戦士だというものです。
第一話の時点からして、最初の登場は人間大ですし。
これ以降のウルトラ戦士でも、ここまで人間大になるのっていましたけ?

もっとも、何だかんだと書きましたけれど、悪くはないと思います。
粗はありますけれど、視聴継続できているという意味では魅力といえる部分もあるのかなと。
特に、特撮でも東映あたりだと、予算が尽きて特撮の新撮パートがなくなる……という事態が起こりがちなのですけれどね。
ウルトラシリーズは割と最後の方まで新撮のパートが合って、その意味での見応えはありますから。
(※そんなだから円谷関係は何度も破産している……ということは言ってはいけないことです)

ところで、話は少し変わりますけれど、セブンのカプセル怪獣でアギラだけよく知らないのですよね。
今現在視聴しているのでも、ウィンダムとミクラスは出てきていますし、この二体は前から知っていたのですけれど……。
正直、怪獣娘のアニメ版を見て、初めてアギラというカプセル怪獣の存在を知りましたよ。
ともあれ、アギラの活躍、今から楽しみですね。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン