GA文庫大賞は締め切ったようですけれど

何故か、今回は応募数が減ったようですね。

ファンタジア大賞などが減る中、GAは堅実に増やしていたはずなのですけれど……。
やはり、業界全体が縮小しているのでしょうか。
電撃も、件の騒動を抜きにしても大きく減っている印象ですし。
今、応募数が増えている所ってあるのでしょうか。

もっとも、分母が小さくなったからといって、簡単にデビューできるわけではないのでしょう。
むしろ、応募者数の減少は購買数の減少とも相関関係がありそうですし。
その意味では、むしろ受賞数を減らすなりといった措置が執られる可能性もあるわけでして。
あるいは仮にデビューできても、部数が伸びなくて……ということにもなりかねませんし。

その意味では、もっと増えるようにならないとなりませんよね。
ライトノベルの類は、応募層と購読層に相関があると、しばしば言われますし。
出版社の方々には、頑張ってもらいたいものです。
えっ、そういう私はGA文庫を買っているのかですって? ……そういえば、ニャル子さんが完結してから、一冊も買っていませんね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン