帰国していた兄が帰りました

タイトルを書いていて、ふと疑問が。

現住所が向こうであるなら、動詞は『帰った』でよいのですよね。
そのわりに、帰国していたと書いているあたり……うーん。
こういうとき、言葉って時々不便ですよね。

ともあれ、兄は日本を去りました。
うーん、しかしこの表現も、あまり良くない気がしますし。
なかなか、難しいです。

こういうとき、『超時空要塞マクロス』のカルチャーショックを実感します。
きっと、ゼントラーディも同じようなモヤッとした気持ちだったことでしょう。
まさに、デカルチャーです。
いえ、まあ、どんな認識の仕方をしているのだという話ですけれどね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2016.12.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン