あれを手直しして、これをああして

唐突に、ファンタジア大賞向けに書いたのに出していない作品があることに気付きました。

そういえば早く書きすぎて、他の新人賞に出したりしていたのでしたっけ。
よくよく見ると、肝心のファンタジアに出していなかったのですね。
というわけで、思わぬ弾を一個発見。

とはいえ、少し前の作品になるので……。
うーん、今この時期にこの手の作品を出して、評価されるものか。
時機を逸してしまった感はあるものの、まあ、出すだけ出します。

そして、まあ、そういうのを出すと仮に一次を通ったとしても……。
今までの経験で言うと、二次や三次で「なんか古い」と言われて落とされるのでしょうね。
まあ、もしやということもあるので、出すだけ出しますけれど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン