あと少しでファンタジア大賞の締め切りです

第三十回ファンタジア大賞。二月末で締めきりです。

今回、短編の募集もあるようですが、次回は未定です。
少なくとも、後期は募集しないようですから、検討されている方はお忘れなく。
なお、もちろんというべきか、短編はデビューを保証するものではありません。
なので、短編は新人賞というよりコンテストですね。

そういえば、時折、思い違いをされている方がいるようですが……。
一般的に、小説界隈でいう『新人賞』『大賞』は作家活動を開始するためのものです。
要は、就職活動のようなものですね。
賞金や副賞をもらって終わり……というものではないので(※まともな出版社なら)。

言い換えれば、今回ファンタジア大賞で募集する短編は、気楽に参加出来るもの……のような気がします。
その代わり、短編で受賞しても作家としてデビュー出来るものでもない(例がないわけではないものの稀)ので。
特に、最近は雑誌も少ないですし、やはり長編というまとまったものでないと難しいですよね。
(Webで名を上げてデビューされる方も最近は増えていますけれど、やはりあれも新人賞でないので、むしろシリーズ完結後の続刊がないのが普通なのもそういうわけでして……まあ、とにかく時代が変われども、やはり作家としてやっていくのなら『コンテスト』ではなく『新人賞』でデビューすることが大事ですよね)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン