何だか色々とズレているなぁと思うことが

世の中、手段が目的に成り代わっている人って多いですよね。

あくまでも何らかの目的があって、その手段がとられているというはずなのに。
何故か、その手段をなすことに満足して、目的を見失っているという具合です。
そういうことを見ると、何だかなぁと思うわけです。
もちろん、偶にそこから何かが生まれることもありますけれど……それはあくまでも稀な例であって、その偶然をして正しいと言い張るのは『帰島したから雨が降った』というのと同様の偶然やオカルトです。

また、場合によっては、そもそもからして目的を理解しないでいる人もいるわけです。
この場合、手段を目的と勘違いしているので、性質が悪いですよね。
例えば学問というのも、研究者の類を目指すならそれが目的です。
けれど、大多数の人はそうでないですから、それはあくまでも手段なのですよね。

あとはそれと逆に、必要なことを不要だと勘違いする例もありますよね。
意味があるからしていることなのに、それを理解できないから「不要だ」と切り捨てる人。
それで立ち行かなくなったとき、周囲の人間に「お前らが悪い」と言い出すとか。
そういうとき、「悪くなったのはあなたのせいでしょう」と思うわけですけれど、こういう人はそもそも理解できていないので指摘したところで馬耳東風(あるいは余計に悪化する)もので……そのせいで誰も何も指摘しなくなって、加速度的に悪化していくのですよね。

……などと、少々、愚痴を書き綴ってみたりなどします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン