何だか色々と聞いていないことがさも説明したかのように言われると

人間、思い込む性質があるから怖いものです。

多分、当人としては問題ないと思い込んでいるのでしょうけれどね。
何の説明も何もなかったのに、あたかも既に周知しているかのように話されたり。
誰もそんなことは言っていないはずなのに、何故か文句を言われたと思い込んでいたり。
あるいは複数の人間が何度も苦言を呈しているのに、まるでそれらを理解していなかったり。

どうにも、そういう人って、多いのですよね。
そしてこういう人が権力や立場があると、なかなか面倒なものです。
力がない人間だったら「しょうがない人だな」と、受け流せるのですけれどね。
たしか『仮面ライダー鎧武』でも、そんなようなことを喫茶店(パーラーショップ?)のマスターが言っていましたっけ。

本当、ある程度の立場にいる人は、その責任と義務を意識しないとならないですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン