少し読み返して、最高に面白い冒頭が書けていると思ったものの

問題は、このプロットだと10万文字以内に収めることが無理だということでしょうか。

これ、当初の構想通りに書こうとすると、かなり詰めたとしても20万文字。
丁寧に書くと40万文字ぐらいないと、無理なのですよね。
それならと10万文字あたりのところで切ると、物語が中途半端になりそうだという。
中途半端なものにしないようにすると、今度は中身がスカくスカになりそうな印象。

うーん、ファンタジーはこれだから難しいのですよね。
目標としては、来月末のGA文庫大賞に出せるように仕上げる形ですが……。
かなりの見直しが必要なので、正直、厳しいかなと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.04.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン