人間の記憶力なんていい加減なものですけれど

昔のあれやこれを掘り起こし中。

ただ、それで思うのは、人間の記憶力のいい加減さですね。
いえ、私の記憶というよりも、他の方の記憶がです。
明文化されているものを辿ってみると、私が言ったことをさも自分が言ったかのように言っているのですよ。

いや、それを言ったのは私で、あなたはそれを否定にかかっていたじゃないですか……という具合。
私生活においても、そういう方を幾人か知っていますけれど……。
知っている限りだと、そういうことを言う方って、周囲から『嘘つき』と呼ばれるような人種でしてね。

とはいえ、まあ、普通の人でも多かれ少なかれそういう部分はあるのですけどね。
それが人間……というか生物が持つ学習能力の根幹のようなものですから。
ただ、それも度を超すと、やはり問題になるわけですよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.06.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン