ファンタジア大賞向けの作品を

そういえば、ファンタジア大賞向けの作品が今、手元にありません。

先日、GA文庫大賞応募したばかりの作品が一次落ちすれば、それを使うのですけれどね。
とはいえ、そう思っているときに限って、一次選考だけは通過するから困りもの。
それで次のファンタジア大賞に出すことになると、少し陳腐化して受賞確率も下がります。
作品は、結構、鮮度が大切ですからね。

いえ、まあ、そもそも受賞レベルに行っているかどうかという問題はありますが……。
それでも、やはり万全の状態で出せなくなるということは、あるはずなのですよ。
そんなわけで、他の新作も用意しないといけないですよね。
なろう向けの『創作の協奏曲』を書き上げている暇ではなかったのですよね、本当は。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.06.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン