半分ほど書けたものの

いつも通りの、『半分書けたものの』というお話です。

なんというか、ひとつの基準ですよね。
想定の半分を書き終えたところと、想定の三分の二を書き終えたところというのが。
そして、いつもそのあたりで筆が止まるわけです。

そういうとき、大体、「先の展開を考えていなかった」という場合が多いでしょうか。
あるいは先の展開を考えていても「別の展開の方が良い気がしてきた」とか。
もしくは「先に管がていた展開だと不自然」ということもあるでしょうか。

そして今回は……三番目ですね、はい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.09.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン