本当に半額商品なのかということ

よく買いに行くお酒屋売り場、随分前から『金賞受賞ワイン半額セール』なるものを展開しています。
ただ、毎回思うのですけれど、これって何が半額なのでしょうか。
少なくとも一年以上展開しているので、店舗通常価格の半額ということはなさそうです。
メーカー希望小売価格の半額なのかなと思っても、表記がないのでよく分からず。

そもそも、件のお酒売り場、本当に異常に安い商品とそうでないものが混ざっています。
ある賞品は、他のお店だとここまで安くならないほど安く売っているのですよ。
でも、別の賞品は定価そのもののような値段で売っていたりします。

気になって、試しに一本半額ワインを買ってみたところ、他のお店でも同じぐらいの値段でした。
まあ、これだけだと『他のお店でも半額になっている』という可能性はあります。
でも、こうなると『半額と言いつつ通常の値段』という可能性も出てきます。
一方で、『生産者側が希望小売価格を高く付けているものの原価的には半額で売ってよい値段をつけている』という可能性も。

いずれにせよ、バナナのたたき売りではないですけれど、消費者側が自衛しないといけないのですよね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2017.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン