『艦これ』のイベント、E4までは完了

先週から始まっている『艦これ』のイベント、とりあえず、第四海域までは進めました。

第五海域は水曜夜から開始できるということですけれど、ここまででだいぶ資材を使いました。
燃料弾薬が、大体4万ほど減りましたかね。
それも、E4は難易度乙に落として、これです。
難易度甲とか、多分、相当資材も減るのではないでしょうか。

ちなみに、現在の所でレアドロップは狭霧とLuigi Torelliのみ。
なお、両艦とも、前回ちゃんと取得していましたから、いわゆるかぶりです。
新規実装艦については、今のところドロップなし。
E4を周回するのは……うーん、ちょっと消費的に厳しいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

数えてみたら今まで仕上げた長編の総数は46作品でした

六年前に数えた時点で24作品でしたから、それから22作品書いているという計算です。

なお、あくまでも完成させた長編の数であって、未完のものは含めていません。
私の場合、八割ほど書いて止まっている作品なども時々あるので。
そもそも、最初の三万文字ぐらいで止まっているものは多数あります。
そう考えると、相当な数でしょうかね。

ちなみに全46作品中、新人賞の類に出して一次選考突破したのは11作品。
一見すると、一次選考突破率2割4分ですが、落ちた場合に使い回していますので……。
やっぱり、多分、一次選考通過率は1割ぐらいかと。
異常に通過率が低いですね、私の作品は。
(一次選考は、一般的に高いところだと2割5分ぐらいは通過させる)

ちなみに、二次創作小説なども含めて数えていますけれど……。
一年間で書き上げた作品が多いのは2014年の8作品と、2017年の7作品。
反対に少ないのは2015年の2作品で……ああ、これはやっぱりあのせいなのだなと。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

そんなものよりもっと優先すべきものがあるような

このFC2ブログ、時々、パスワードの変更を要求してきます。

でも、実際の所、同じパスワードを使い回していたから必ずしも危険というわけではありません。
もちろん、定期的に変えた方が安全性は増しますけれどもね。
ただ、そんなことをするよりは、まだ『通常とは異なる地点からのアクセス』の類を検出し、通知する方が良いような気もします。

大体、あの通知画面、さながらフィッシングサイトのようにも見えるのが何とも気色悪いです。
むしろ、あれ、FC2の管理画面が改竄されて、何故か出現してしまっている……ということはありませんよね?
そう考えると、やっぱり、あの謎通知画面にするのは余計にリスクが高いことなのではないかという気もします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

『艦これ』のイベント中ですけれども

今回は、どのぐらいで攻略完了できますかね。

あまり時間が取られるのもなんですので、やはり乙難易度程度で妥協すべきでしょうか。
もちろん、甲難易度でクリアできそうな所は、甲でクリアしたいですけれど。
基本、時間がかかりますからね、攻略も。

ともあれ、ほどほどにクリアしていきたいと思います。

2018.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

色々と整理中です

フォルダなどがごちゃごちゃになってきたので、少し整理中。

ただ、そうして眺めていると、色々なものが目について懐かしいです。
気がつけば、小説を書き始めてから十三年が過ぎていますし……。
古い作品とか、ちょっと目を通してみると案外面白いものもあります。

とはいえ、古いものって、なかなか表には出しにくいのですよね。
所々拙い部分もありますし、あるいはネタが古すぎるとかもあります。
大体『機兵少女フリージア』を書いた前後から、品質は安定していますけれどもね。

そうして見ていくと、その作品を書いたときの体調や精神状態で出来不出来が左右されている気がします。
やっぱり、そういう部分で気分屋ですね、私は。
あるいは、誰しも創作というのはそういう傾向があるのかもしれませんけれど……。

そう考えると、やはり肉体的にも精神的にも、安定させることって大事かもしれません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2018.02.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記

«  | HOME |  »

プロフィール

久遠未季

Author:久遠未季
ファンタジア大賞第24回後期で四次選考落選……が最高にして、唯一書ける応募歴。小説を書き始めたのは2005年3月頃からですから、才能があるわけではなく、単純に諦めが悪いだけですね。最近は三次落ちなども、ちょろちょろありますが、割愛。

FC2カウンター

アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

blogram投票ボタン